Object-Oriented Conference トーク一覧

他イベントOK ショートセッション

CSSの命名規則とオブジェクト指向

しんくう shinkufencer
CSSはその管理のしにくさからいろいろなアプローチが試されてきました。その中でオブジェクト指向を取り入れたOOCSSが生まれ、それを参考にした命名規則が様々登場しました。

本セッションではOOCSSとそこから続くいくつかのオブジェクト指向とCSSの命名規則の考え方をプログラマの視点から追っていきます。

【このセッションで持ち帰れるもの】
・CSSが抱える問題点とそれに対してのオブジェクト指向的なOOCSSというアプローチの考え方
・OOCSSとそれらに影響を受けたCSSの命名規則と考え方
2
他イベントOK ロングセッション

変更しやすいコードを目指して、構造化プログラミングのコードをオブジェクト指向で書き直す(Python編)

nikkie ftnext
「オブジェクト指向をやってみたいけど、どこから始めればいいか、具体的にどう書けばいいかわからない」
という方に向けて、
構造化プログラミングで手続き的に書かれたコードをオブジェクト指向で書き替える方法を示します。

私自身はPythonの入門書で学習して、構造化プログラミングで手続き的に書けるようになりました。
また、Javaに代表されるオブジェクト指向に関わる言語の経験はほとんどありません。
業務でPythonを書く中でコードの変更に時間がかかり、オブジェクト指向を身に着けて「動作し、変更しやすいコード」が書けるようになりたいと痛感しています。

この裏には、Pythonの入門書でオブジェクト指向に踏み込む本が少ない状況があると考えています。
私のようにPythonで本格的にプログラミングをする人にとって、変更しやすいコードを書くための情報が不足しているという課題があります。

オブジェクト指向を身につける方法として、先輩エンジニアから『ThoughtWorksアンソロジー』の「オブジェクト指向エクササイズ」を教わりました。
エクササイズに沿って入門書のコードを変更することで、少しずつオブジェクト指向がつかめ始めています。

私がエクササイズに沿ってどのようにコードを書き換えたかをとことん具体的に共有することで、
変更しやすいコードが書けないという課題を抱えた方が、オブジェクト指向に挑戦するきっかけが提供できると考えています。

コード例はPythonで、 https://github.com/ftnext/python-image-processor にて開発中です。
構成は https://gist.github.com/ftnext/b77cadb7f49741f4654dec0ac2df6bfb にあります
3
採択 他イベントOK 2020/02/16 14:00〜 共1-301 ショートセッション

オブジェクト指向の「語る」と「示す」

かわべたくや kawakawa
オブジェクト指向を操るとき、私たちは当然のように新しい世界を構築しています。

「鳥(オブジェクト)」が「飛ぶ(メソッド)」

この簡単な例からも色々考えることができます。
・鳥オブジェクトを継承したツバメ・スズメも飛べるのか
・それだと同じく継承したペンギン・ダチョウも飛べてしまうのか
・ペンギンは飛ぶではなく水中では泳ぐなのか
・宇宙空間でも飛ぶといえるのか

しかし、
「鳥が飛ぶ」が成り立つと世界では余計な考えが不要となります。
ペンギン・ダチョウは存在せず、水中・宇宙空間でも無いのです。

つまり、オブジェクト指向は“現実の単語”を足掛りに、現実とは異なる世界を構築していると言えます。
私たちはこの行為を「モデリング」と呼んでいます。

「鳥が飛ぶ」とひとつ語るだけでモデリングされた世界の多数の一面を示すことができます。
では普段モデリングされた世界を私たちはどうやって、語ることによって示しているのでしょうか。
そして、どこまでが語りうることの限界なのか、示せれる限界はどこにあるのか。
時間が許す限り「語る」と「示す」の気づきを発表したいと思います。
他イベントOK ロングセッション

オブジェクト指向の前に、言葉にこだわる。

大平道介 mohirara
本セッションが目指すのは「言葉に手を抜かず、きちんと考える人」を増やすことです。

セッション内のトピックは大きく次の3点です。

1. 言葉にこだわるとはどういうことか
2. 言葉にこだわると何が嬉しいのか
3. 言葉にこだわるための戦略と具体的な戦術

言葉にこだわることで表現力の高いオブジェクト指向プログラミングが実現される。
そんな体験から発見した「言葉とオブジェクト指向プログラミングの重要な関係性」を発表します。

もしかしたらこだわり過ぎかもしれない。意地悪な揚げ足取りになっているかもしれない。単なる言葉遊びかもしれない。そんな不安を抱えるときもありますが、このセッションを経て「言葉」について一緒に語り合える人が生まれたら何よりです。
6
採択 他イベントOK 2020/02/16 15:30〜 共1-301 ショートセッション

「神クラス」問題の本質を、「サブジェクト-オブジェクト」二重化エンティティモデルで理解する

たなかこういち Tanaka9230
「神クラス」とは、一つのクラスに余りにも多くの機能性を装備してしまい、コードが肥大化した様子を示すアンチパターンである。幾重にもSRP違反になってしまっている状態である。「神クラス」は、幅広いユースケースへ懸命に対応しようとする中で生み出されてしまう。

「神クラス」は、いわゆる業務系システムにて生じがちで、対して、技術的な装置、例えばHTTP Server、複合機の制御システム、などでは生じにくい。

業務システムではなぜ神クラスが出現しやすいか?業務システムのクラスの外部仕様は業務担当者の脳内にある。素朴に客観的に存在するとみなせない。対して、技術的な対象は、素朴に客観的に存在すると見なせる。業務システムでは、系の本質はむしろ利用者(=クライアント)の脳内イメージそのものなので、系に対する要求発生源を単一に収斂させることができない。

ここに、系のクライアントの脳内イメージを「サブジェクト」と称し、複数のクライアントの「サブジェクト」を調停・統合・合意したモデルを「オブジェクト」と称したとき、いわゆる「エンティティ」は、本質的にサブジェクト-オブジェクトの二重構造を取るというモデルを提示する。
他イベントOK ロングセッション

Eclipse Collectionsで学ぶオブジェクト指向の実装パターン

伊藤博志 itohiro73
Javaのオープンソースソフトウェアとして公開されているEclipse Collectionsは、「コレクション」というドメインを扱ったフレームワークで、オブジェクト指向のプラクティスが詰まっています。

本セッションではEclipse Collectionsの元プロジェクトリードが実際のソースコード例を用いながらさまざまなプラクティスを紹介していきます。
カプセル化、継承、ポリモーフィズムといったオブジェクト指向の基礎を起点に、クラスやメソッドの名前付けやテストにおけるオブジェクト指向の考え方に至るまで解説します。
3
他イベントOK ロングセッション

DDDにおける戦略的設計と戦術的設計

伊藤博志 itohiro73
ドメイン駆動設計において、エンジニアにとって最初にとっつきやすいのは戦術的設計と呼ばれる概念かと思います。エンティティや値オブジェクト、サービスやリポジトリなど、コードレベルで実装をイメージしやすいため、軽量DDDとしてここからDDDを導入し始めることも多いでしょう。

しかしながら、中長期的に継続的に成長していくソフトウェアを開発するには戦略的設計が重要な役割を果たします。短期的にはメリットがある戦術的DDDに取り組んでいたとしても、戦略的設計を行なっていなかったがために後々陥ってしまう落とし穴もいくつか存在します。

本セッションでは、ドメイン駆動設計においてなぜ戦略的設計が重要なのか、戦略的設計のプロセスを通らずに戦術的設計を行なった場合どういう弊害が起こりうるのかをわかりやすい例を挙げながら解説していきます。また、戦略的設計を推し進めていくためのプラクティスも共有します。
5
他イベントOK ショートセッション

MVCとGUIアーキテクチャのいま2020

しんくう shinkufencer
オブジェクト指向言語のSmallTalk向けに考え出されたMVC。そのMVCの概念ができてから、その派生で様々なGUIアーキテクチャの考え方が登場してきました。またWebブラウザ、スマートフォンアプリなど、表示の機構も様々に変化し、その時の時流や技術のトレンドを取り込み枝葉が分かれるように進化を遂げています。

本セッションではそんなGUIのアーキテクチャに関して2020年時点でどんな経過をたどってきたのか15分で紹介します。

【このセッションで持ち帰れるもの】
・通常のアーキテクチャとGUIアーキテクチャの違い
・MVCから派生した様々なGUIアーキテクチャパターンの概要
・MVCから別れたFlux,Reduxなどのパターン
3
他イベントOK ショートセッション

ざっくり見るパターンとしてのActiveRecord、RailsとしてのActiveRecord

しんくう shinkufencer
(ロングセッション向けのセッションをショート向けに要所だけ抜き出したものとなります)
Active Recordは書籍「Patterns of Enterprise Application Architecture(PofEAA)」で「DBのテーブル等の列をラップし、DBアクセスをカプセル化し、ドメインロジックを追加するオブジェクト」としてオブジェクト指向を使ったデザインパターンの一つとして世に知れ渡りました。
ですが現在ではRuby on Railsの普及に伴い、デザインパターンとしてではなく、Railsの機能名としてのActive Recordのことを指す場面が多く見受けられます。また、そんな中ででRailsを使って様々な設計技法にチャレンジしようとすると、Active Recordが阻害要因となり、断念されるケースが多く見かけます。

そこで本セッションではもともとPofEAAで語られたActive Record、そしてRailsで実装されているActive Recordを通して、本来パターンとしてのActiveRecordはどういう場面で一番真価を発揮し、またRailsのActiveRecordがどんな形でブロッキング要因になっているのかを紐解いていければと思います。

Railsを利用している人にはパターンとしてのActive Recordのパターンとしての特徴を、利用していない人には何故ここまでRailsの中心と言われるようなものになっているのかを、設計手法を考えながら業務でのRailsと向き合ってきた私から色々と伝えることができればと思っています。
2
他イベントOK ショートセッション

オブジェクト指向以前

Masayuki Asanuma as_masa
オブジェクト指向言語にある程度慣れてくると、次にオブジェクト指向らしく設計・実装するにはどうすれば良いのかという壁にぶつかりませんか?動物が、人が、車がとかの例では、なかなかオブジェクト指向らしく設計・実装するイメージが沸かないと思います。
また、オブジェクト指向に長けた人のソースコードを読むと、理路整然に記述されており感動したことがありませんか?

壁に悩む人やオブジェクト指向に長けた人を見ていて、オブジェクト指向らしくするにはその前に習得しておく考え方があると考えるようになりました。
それは抽象・構造・関連です。
おそらく皆さんが過去に何らかの形で習得していたり、普段活用している考え方だと思います。

本セッションでは、オブジェクト指向以前に習得しておくべき抽象・構造・関連の考え方と活用の仕方について時間の許す限りお話します。
3
採択 他イベントOK 2020/02/16 17:30〜 共1-301 ショートセッション

経験者がいない状態で、戦略的DDDを現場でやってみた話

岡本滉平 koko72_flavor
DDD、という単語を昨日まで知らなかった自分がいきなりBounded Contextを探すことになった。

超展開でDDDの世界に引き込まれ、社内に有識者がいるのかも分からない状況から戦略的DDDをやった話をします。
大まかなアジェンダは以下を考えています。
・そもそもDDDって?
・実際にドメインを分割する活動の中でやったアプローチの紹介
・私なりに戦略的DDDをやった結果わかったこと

DDDの本はとんでもなく分かりにくいし、戦略的DDDの部分は特に抽象的すぎてもはや何が書いてあるのか全く分かりませんでした。
もちろん、どう実践すればいいのかなんて全く分からず、途方に暮れていました。
このトークを通じて、戦略的DDDがやりたい、知っているけど最初何したらいいか分からない。という方の悩みが解決できればと思っています。

したがって、実際にやったこととその振り返りをメインで話します。
具体的には、以下の内容と分かったことを詳細に話します。
・本を読む。ネットサーフィンする。
・twitterでDDDで有名な人にいきなり質問をして得られたリプライのご紹介。
・自作のワークショップを企画してやってみる。
・休日に人を集めてEventstormingとやらをやってみる。


戦略的DDDの理論についてはなるべくシンプルに説明し、実際にとったアプローチを中心にお話しようと思います。
イメージがしやすく、最初の一歩が踏み出しやすいよう、なるべく具体的に話します。よろしくお願いします!
他イベントOK ショートセッション

変更しやすいコードを目指して、構造化プログラミングのコードをオブジェクト指向で書き直す(Python編)

nikkie ftnext
「オブジェクト指向をやってみたいけど、どこから始めればいいか、具体的にどう書けばいいかわからない」
という方に向けて、
構造化プログラミングで書かれたコードをオブジェクト指向で書き替える方法を示します。
15分の中で「この書き換え指針に基づき、こう書き換えた」とどんどん紹介していきます。
コード例はPythonで、 https://github.com/ftnext/python-image-processor にて開発中です。
以下に構成を示します。

- 自己紹介 (1min)
- 背景:入門書は構造化プログラミング (1min)
- 課題:入門書のように書けるようになったが保守しにくい (1min)
- 解決策:オブジェクト指向 (1min)
- アプローチ:『現場で役立つシステム設計の原則』『ThoughtWorksアンソロジー』の「オブジェクト指向エクササイズ」を参考に入門書のコードを書き直す (1min)
- 対象のスクリプト紹介 (2min)
- パスで指定した画像を縮小する
- 画像の入ったディレクトリも指定可能
- 概要:対象の画像を洗い出し、縮小する処理を呼び出す
- 以下書き換え方
1.対象と保存先を扱うクラスと縮小処理を表すクラスに分けて設計(1min)
2.ディレクトリ指定のために、対象と保存先のファーストクラスコレクションを作成:マジックメソッドの上書きとUserListの使用の2通り(2min)
3.保存先の指定を追加→ファーストクラスコレクション作成を修正(1min)
- 変更しやすさ:サブコマンドでグレースケールにもできるように→共通インターフェースを持つグレースケール処理クラスを作る(抽象クラス使用)(2min)
- まとめ(1min)
- 質疑(1min)
1
他イベントOK ロングセッション

パターンとしてのActiveRecord、RailsとしてのActiveRecord

しんくう shinkufencer
Active Recordは書籍「Patterns of Enterprise Application Architecture(PofEAA)」で「DBのテーブル等の列をラップし、DBアクセスをカプセル化し、ドメインロジックを追加するオブジェクト」としてオブジェクト指向を使ったデザインパターンの一つとして世に知れ渡りました。
ですが現在ではRuby on Railsの普及に伴い、デザインパターンとしてではなく、Railsの機能名としてのActive Recordのことを指す場面が多く見受けられます。また、そんな中ででRailsを使って様々な設計技法にチャレンジしようとすると、Active Recordが阻害要因となり、断念されるケースが多く見かけます。

そこで本セッションではもともとPofEAAで語られたActive Record、そしてRailsで実装されているActive Recordを通して、本来パターンとしてのActiveRecordはどういう場面で一番真価を発揮し、またRailsのActiveRecordがどんな形でブロッキング要因になっているのかを紐解いていければと思います。

Railsを利用している人にはパターンとしてのActive Recordのパターンとしての特徴を、利用していない人には何故ここまでRailsの中心と言われるようなものになっているのかを、設計手法を考えながら業務でのRailsと向き合ってきた私から色々と伝えることができればと思っています。

【このセッションで持ち帰れるもの】
・PofEAAで書かれたActive Recordのパターンはどういうものなのか
・RailsのActive Recordが強力と言われる由縁は何なのか
・Active Recordがもたらしたギャップと合わせるべき使い方
2
他イベントOK ロングセッション

DDD を支えるアーキテクチャテスト

かわなみゆう kawanamiyuu
ドメイン駆動設計はオブジェクト指向設計原則のうえに成り立つ設計プラクティスです。

つまり、ドメイン駆動でシステムを設計することは「オブジェクト指向設計をちゃんとやる」ということにほかなりません。検討の対象はクラスだけではありません。もう少し大きな単位、パッケージ/モジュール/レイヤー、まで視野を広げます。

依存関係が注意深く設計され、単一の責任を持ったモジュールやパッケージが、境界付けられたコンテキストをかたちづくります。レイヤーやパッケージの依存関係の逆転により、ドメインは自身の関心の範囲内でビジネスロジックの実現に集中できます。

この発表では依存関係という切り口から、ドメイン駆動なアーキテクチャ設計を継続的に維持・改善していくための手法を、Java とアーキテクチャテストツールの ArchUnit を用いて紹介します。
3
採択 他イベントOK 2020/02/16 16:30〜 共1-301 ショートセッション

ドメイン駆動設計を支えるアーキテクチャテスト

かわなみゆう kawanamiyuu
ドメイン駆動設計はオブジェクト指向設計原則のうえに成り立つ設計プラクティスです。

つまり、ドメイン駆動でシステムを設計することは「オブジェクト指向設計をちゃんとやる」ということにほかなりません。検討の対象はクラスだけではありません。もう少し大きな単位、パッケージ/モジュール/レイヤー、まで視野を広げます。

依存関係が注意深く設計され、単一の責任を持ったモジュールやパッケージが、境界付けられたコンテキストをかたちづくります。レイヤーやパッケージの依存関係の逆転により、ドメインは自身の関心の範囲内でビジネスロジックの実現に集中できます。

この発表では依存関係という切り口から、ドメイン駆動なアーキテクチャ設計を継続的に維持・改善していくための手法を、Java とアーキテクチャテストツールの ArchUnit を用いて紹介します。
他イベントOK ロングセッション

オブジェクト指向(メッセージ指向)を知っていますか?

takasek takasek
オブジェクト指向プログラミングといえば、「継承・カプセル化・ポリモーフィズムで成り立つやつでしょ?」と思われがちです。
クラスという言語機能によりデータとふるまいを定義し、インスタンス化し組み合わせ、可能ならば静的型検査による早期エラー発見を行うプログラミングパラダイム。父の名はビャーネ・ストラウストラップ。
そうですね、その認識は間違っていません。OOCの多くのセッションでは、クラス指向のオブジェクト指向の背景や技法、実践例について詳らかに語られることになります。

しかしそれとは根本的に違う、もうひとつの「オブジェクト指向」があることをご存知でしょうか?
いえ、「もうひとつの」という形容ではあまりに不十分かもしれません。「オブジェクト指向」という言葉は、最初にアラン・ケイが提唱したときには、こちらの「メッセージ指向」のことを指していたのですから。

本セッションは、以下のような内容で構成されます。

- メッセージ指向のコンセプトの紹介
- Smalltalk-72の実践
- 同じAppleプラットフォーム上で動作し互換性のある2言語による実装の比較
 - Objective-C: メッセージ指向
 - Swift: クラス指向の側面が強い
- 現代のプロダクトでのメッセージ指向のコンセプトの適用例
 - アクター理論などの紹介
 - 実例のデモ

■FAQ
Q. オブジェクト指向(プロトタイプベース)は知っていますか?
A. いえ…。
Q. Swiftをクラス指向というと語弊があるのでは?
A. その話は https://fortee.jp/object-oriented-conference-2020/proposal/dc44aa41-7c73-4eaf-af35-2655afb52d9a でやりましょうか。
8
他イベントOK ショートセッション

フレームワーク依存による潜在リスクをgRPCで強引に脱却する

塚本 久博 hihats
ActiveRecordパターン + MVCのような設計パターンにおいて、たとえばFormとDBテーブルの1レコードを1:1の密結合とすることを是としている場合、「その後の変更をクラス内で閉じたい」という私達の欲求は叶えられなくなっていきます。
さらに、多くの開発者に使われるWebアプリケーションフレームワークであればあるほど、各々の開発者がキャリアの中でそれまで積み上げたサービスオブジェクトの定義があり、それが形式知化されないまま開発が進んでいったりします。
そうなると、本来同じところにいるはずのクラスの役割が、どうしても異なるレイヤーに散らばりがちで、コードの見通しが悪くなる。さらにそれをルールで縛ることによる軋轢が生まれてしまうこともあります。

そもそもクラス設計をルールで縛ったところで、それが守られる保証もありません。「スピード優先」というお題目により蔑ろにされることもしばしば目にしてきました。

これは私たちが常に頭を抱えがちな問題ですが、そこでgRPCを利用することによって、強制的にAPIの出力(protocol buffer)をドメインオブジェクトと一致させ、「技術的にコードが複雑さを持ちにくくすること」と、「開発者間の齟齬をなくす」という両方の問題を解消できる可能性を提示してみます。

【メインとなる対象層】
- 開発現場で、オブジェクト指向設計に対する考え方のミスマッチで困っている
- チーム内のエンジニアの経験年数の差や設計スキルの差が大きくて標準化のコストが高い
- マイクロサービスアーキテクチャに興味あるけどどこから手をつけるかわからない
1
採択 他イベントOK 2020/02/16 15:00〜 共2-101 ロングセッション

概念投影によるオブジェクト指向設計の考え方とその方法

hirodragon hirodragon112
オブジェクト指向は現代のシステム開発においてスタンダードな方法論の一つですが、「オブジェクト指向とはなんですか?」と問われると明確に答えられる方はわずかではないでしょうか?
理由は「オブジェクト指向」が指す意味が広すぎるからです。
正解がいくつもあるゆえに正解が見つからない、といった状態だと思います。

本セッションでは「概念投影指向」というものを提案したいと思います。
いわゆるオブジェクト指向(の一つ)ですがあえて別名称で紹介します。

システムは人間の代わりに処理等引き受けてくれるものです。
ですが、システムは人間の事を知りません。セマンティックギャップが常に存在します。
システムに人間の事を知ってもらう為に我々プログラマー存在すると言えるでしょう。

その為には、まず我々プログラマーが人間の事を知る必要がありそうです。

例えば、目の前にフレームがついた2枚組のガラスがあったとします。
ほとんどの人はこれを「メガネ」だと認識するでしょう。
でも、例えば今日初めて地球にきた人はそれをメガネとは思いません。
それはなぜでしょうか?
答えは簡単で我々人間がメガネという「概念」を知っているからです。
つまり、存在の前提には概念理解という暗黙の大前提があります。

システムも同じです。メガネ、ユーザーの名前、予約情報、全てオブジェクトとして存在させるには、まずは人間界にある「概念」を知ってもらう(投影する)必要があります。
概念投影指向とはこのような考え方に基づきます。

セッションにて概念投影指向とは何か?そのメリットは?具体的には?(PHPでのサンプルコードとなる予定です)といった部分にフォーカスをあて、あいまいだったオブジェクト指向設計の中でも明確な設計方針を示す事が狙いとなります。
採択 他イベントOK 2020/02/16 17:00〜 共1-301 ショートセッション

オブジェクト指向で考えるアプリケーションアーキテクチャ設計

弓山彬 akiray03
複雑なシステムの設計を行う際には、そのシステムを様々な観点(ビュー)を通して観ることで、そのシステムを構成するコンポーネントを把握することが重要です。それらの各コンポーネントがどのような責務を担い、周囲のコンポーネントとの間でどのような相互作用を期待するかを整理することが堅牢なシステムの実現に繋がります。コンポーネントが責務を持ちそれらの相互作用で大きな価値を提供する構造は、まさにオブジェクト指向の世界観と重なります。

本セッションでは、Webアプリケーションを1つのシステムとみなして、それを構成する複数のコンポーネントをどのように分割し、どのような関係性に整理するのがよいか考える過程をお話する予定です。具体的にはアプリケーションを支える基盤的な横断的関心事を題材に、モデリングを通じて責務を整理していく予定です。

本セッションを通じて、オブジェクト指向をプログラミング以外の場面でも活用できるイメージを持ち帰って頂けると嬉しいです。

※ショートセッションで採択の場合には、実践例を中心にご紹介したいと思います。
他イベントOK ショートセッション

クラス設計から学ぶコミュニケーション

広高 hirotaka_it
【概要】
人とのコミュニケーションをクラスの視点から考え、より伝わるコミュニケーションを取る方法を学ぶ

【対象者】
・オブジェクト指向 初心者〜
・人とのコミュニケーションに悩みを感じているエンジニア
・伝え上手、聞き上手になりたいエンジニア
・専門知識を素人に伝える事に難しさを感じているエンジニア

【内容】
仕事を振られたとき、初めての人と話すとき、やりとりで困った事にある人を対象に
クラスの視点からどのようにコミュニケーションを取ると良いか、なぜコミュニケーションが取れないかを解説し、
どのように人とコミュニケーションを取ると良いかをお話します。
また専門知識を相手にいかに短時間で理解してもらうかを「例え話」を元にお話します

【リスナーのゴール】
・社内外でのコミュニケーションを円滑に取れるようになってもらう
・話して伝わる楽しさを感じてもらう
・コミュニケーションに対する苦手意識を少しでも減らす

【なぜ私が話すのか】
・高齢者、小学生向けプログラミングスクールのメンターを通じて「素人にIT知識を伝える」のが上手
・周りの様々なレベルのエンジニアに合わせて「彼らの理解しやすいコミュニケーション」を取るのが上手
・エンジニアに「伝わる楽しさ」を知ってもらうためにコミュニティ運営をしているから
1
採択者
仮採択 非採択 重複 Type: 初心者向け Type: 設計 Type: フロントエンド Type: 体験談 Type: テスト Type: 歴史 Type: 実装 Type: 概念 Type: DDD Type: 上級者向け