iOSDC Japan 2018 トーク一覧

採択 2018/08/31 15:10〜 Track B レギュラートーク(15分)

肥大化しがちなアプリの起動経路を整理する

松館 大輝 d_date
通常起動にプッシュ通知、Universal Linksはもちろんのこと、Core SpotlightやWidget、Home Screen Quick Actionには対応してますか?
今年はiOS12でSiri Shortcutが登場。またAppDelegateが肥大化します。
…なんてことがないようにきれいに整理しませんか?
確認に手間がかかる起動経路まわりを効率よく実装するための設計やテストについて具体例を用いて紹介します。
採択 2018/08/31 16:50〜 Track A レギュラートーク(30分)

差分アルゴリズムの原理について

horita-yuya horita_yuya
TableView, CollectionViewの部分更新の為に、RxDataSources, IGListKitなど、多くのライブラリが開発されて来ました。
それらの内部では、効率的な差分検出のために差分アルゴリズムが使われています。作る側はもちろん、使う側もその原理について理解しておくことは重要です。
今回、Myers, Heckelの2種類の差分アルゴリズムについて解説させて頂きます。
採択 2018/09/01 11:20〜 Track C レギュラートーク(30分)

二癖くらいある画面収録からの生放送

matsuokah matsuokah_
iOS11から可能になった画面収録で生放送機能を実装し、サービスインするまでの実装

- 生放送のするまでの全体フロー
- RPBroadcastSampleHandlerおよび、画面収録のExtensionのライフサイクルについて
- 画面のサンプリングタイミングと生放送の特性について
- SampleBufferの差し替えによる、生放送中の動画の動的な編集
- 動画データの検証ポイント
採択 2018/08/31 14:20〜 Track D レギュラートーク(15分)

海外展開を目指すアプリでセキュアで速い画像と動画の閲覧を実現した話

酒井篤 _atsushisakai
「家族アルバム みてね」は、徐々に国外にユーザーを拡大しています。常に海外での快適な利用が実現されることを意識して開発していますが、その中でもメディアを高速に配信し・閲覧できることは、最重要課題でした。どのように課題を認識・改善したかの知見をお話ししたいと思います。

アジェンダ
1. 認識(NewRelicによる計測)
2. 設計(AWSも含むシステム全体)
3. アプリ実装について
4. 成果とさらなる課題
採択 2018/08/31 16:00〜 Track B レギュラートーク(30分)

iOSと(深層)強化学習

我妻幸長(Yukinaga Azuma) yuky_az
強化学習は機械学習の一種で、試行錯誤を通じて「環境における価値を最大化するような行動」を「エージェント」が学習します。強化学習が例えばゲームでうまく機能した場合、次第にゲームの打ち方は開発者の手を離れ、エージェントは開発者自身よりもずっと強くなっていきます。発表では、強化学習の概要、及びSwiftで強化学習をどのように実装できるのか、そして、AlphaGoで注目を浴びた深層強化学習とは何か、について解説します。
採択 2018/08/31 15:30〜 Track B レギュラートーク(15分)

iOS WKWebViewの魔改造

Shin fokotate
Content(仮):
* 高速DOM操作 WKWebViewでダークモードを実現する
* WKWebView内の動画再生をAVPlayerに移し替える
* WKWebView内のジェスチャーをコントロールする
* iOS12での変更点 (もしあれば)
* その他 (viewportの強制変更,タップ位置の座標変換, Cookie操作, 広告ブロック, メモリ管理)
採択 2018/08/31 17:40〜 Track B レギュラートーク(30分)

Swiftの生みの親によるasync/await for Swiftを徹底解説し、新しい非同期処理の手法を理解する

今城 善矩 yimajo
Swiftの生みの親、クリス氏によって2017年8月にプロポーザルasync/await for Swiftの下書きが公開されました。その内容はコルーチンサポートで、我々はSwiftで非同期処理をより使いやすく読みやすいコードを書けるようになります。このトークはその内容を理解するために、様々な言語で使われるasync/awaitの比較分類、Swift3から使えるasync/awaitライブラリの利用例とその内部実装を解説します!
採択 2018/09/02 15:10〜 Track C レギュラートーク(30分)

圏論とSwiftへの応用

稲見 泰宏 inamiy
圏論(カテゴリー理論)は、「対象」と対象間の「射」(関係性、構造)の集まりからなる「圏」を抽象的に扱う数学理論です。関数型プログラミングで度々登場する「モノイド」「関手」「自然変換」「モナド」の由来であり、さらには「米田の補題」「随伴」「極限」「F代数」「カン拡張」など、より高度な概念が登場します。この発表では、圏論から得られる様々な帰結について、Swiftの文法と型で分かりやすく解説していきます。
採択 2018/09/01 18:00〜 Track B iOSDCルーキーズ LT(5分)

UITableViewに動画広告を表示する

駒井 覚 nihonpanda
昨今需要が増しているインフィード動画広告を実装したときの勘所について。
UITableViewCellに動画広告を配置し、動画のステータス管理や、
エキスパンドしたときの挙動等について喋ります。
採択 2018/09/01 17:10〜 Track B iOSDCルーキーズ LT(5分)

虚無から48時間でiOSアプリをリリースする😴

じんむ koooootake
ハッカソンが好きです。24時間で1つのモノを作ることができます。
作ったからにはより多くの人に触ってもらいたい。
そこで、ハッカソン24時間+リリース準備24時間で、
ノーアイデア、ノープランの虚無から、iOSアプリをリリースする過程やコツを簡単にお喋りします。
採択 2018/08/30 18:20〜 Track A レギュラートーク(15分)

ARKitのための3D算数

KBOY@筋肉エンジニア kboy_silvergym
GraffityというARKitを使ったアプリを作っています。
ARKitやSceneKitは用意されたAPIを使えば色々なことが簡単にできてしまいますが、
高度なことをしようとすると、空間ベクトル、座標変換などの算数(数学)の知識が必要になることに気づくでしょう。
本トークでは、ARKitを使いこなすために自分が勉強した3Dプログラミングと基本的な算数(数学)について分かりやすく説明します。
採択 2018/09/01 14:40〜 Track C レギュラートーク(15分)

iOS × GraphQLの嬉しみとつらみ

SeiyaMogami _mogaming
GraphQLを採用したAPIサーバー(Ruby on Rails)、APIサーバー・クライアント間を橋渡しするBFF(Expressサーバー)、クライアントのiOSアプリを開発する中で、見えてきた嬉しみとつらみの話をします。
・GraphQLについてとその魅力
・なぜBFFを挟むのか
・クライアントiOSアプリとBFFのやりとり
この3つの観点で、業務を通じて得た嬉しみとつらみを語ります。インフラ面の話はしません。
採択 2018/09/01 10:50〜 Track A レギュラートーク(15分)

iPhone が数秒おきにクラッシュするんだけど!

watura watura
2017年12月1日朝起きたら,Zaim のせいでiPhoneがクラッシュすると Twitter 上で騒がれていました.
前回のリリースから多少は時間がたっていたし,そもそもアプリが iPhone をクラッシュさせるなんてできるの?
本当にZaimのせいだったのか,そもそも何が起こっていたのか.何が原因だったのか.
わかったこと,推測できたこと,喋っても問題なさそうなこと喋ります.
採択 2018/08/30 19:10〜 Track A レギュラートーク(15分)

オープンソースMDMのmicromdmを用いて、個人でデバイス管理をやってみる

Atsuya Sato n_atmark
企業におけるデバイス管理手法の一つに、MDMを用いる方法があります。
しかし、有料のMDMソリューションサービスを個人で触るハードルは高く、MDMを試すことができてない人も多いのではないでしょうか。
このトークでは、オープンソースMDMのmicromdmを用いたMDMサービスの立ち上げ方やMDMCertを用いたMDM Push証明書の取得法、API経由でのMDMコマンドの発布について紹介していきます。
採択 2018/08/31 17:40〜 Track D レギュラートーク(15分)

iOS×React Nativeのハイブリッド開発現場から伝えたい事

Shintaro Katafuchi hotchemi
QuipperではSwiftとReact Nativeのモジュールを組み合わせてiOSの開発を進めています。
標準を外れた開発体制には数多くの困難が付きまといますがそれらに取り組んでいって得られた知見をお伝えできればと思います。

Agenda:
- 同期
- どこから導入を進めていったか
- 直面した課題
- データの同期
- Navigationの実装
- チーム体制
- ハイブリッド開発はアリか?
採択 2018/08/31 13:30〜 Track D iOSエンジニアに聞いて欲しいトーク(30分)

macOSでもっとアプリを作ろう

malt03 malt03
趣味でmacOSのネイティブアプリを作ったときの知見を共有します。
macOSのネイティブアプリを作る「意味」「楽しみ」「つらみ」「つらみ」あと「つらみ」の話です。
みんながもっと作ってくれれば、エコシステムやドキュメントが充実して、この世界はもっと幸せになるはずです。
是非聴きに来て、macOSでアプリを作って、できればライブラリも作って、一緒に世界を幸せにしましょう!
採択 2018/09/01 17:55〜 Track A iOSDCルーキーズ LT(5分)

機械学習の初心者がCreateMLでレトロゲームのカート認識

Adam Henry monolithic_adam
最近友達と日本でレトロゲーム探しているんですがなかなか見つからないせいでレトロゲームトラッカーアプリ作ってみたいの話した結果で、
簡単に登録するのは大事でCoreMLのモデル作ってしまえばカートの種類わかるかも。。。やってみようぜ!
WWDC2018で発表されたCreateMLでどこまで使えるのか・初心者に優しいのか色々な意見出したいと思います。
研究はこれからですが、できれば発表したいと思います!
採択 2018/09/02 11:20〜 Track B レギュラートーク(30分)

ライブ配信アプリのアイテム再生をMetalで実装する事になった話

noppe noppefoxwolf
DeNAのライブ配信アプリPocochaで実装した画面全体に再生されるエフェクトの実装の話をします。
iOSでは再生出来ない透過動画の再生を行う実装や、それらの実装の中で利用した巨大なシーケンス画像群の再生に最適なアーキテクチャをAPNG/WEBPなどのフォーマットやUIImageView/OpenGLES/Metalなどのパフォーマンス比較から読み解きます。
採択 2018/09/02 18:00〜 Track A LT(5分)

Swift で数学研究のススメ

さのたけと taketo1024
数学に「結び目理論」という分野がある。「与えられた結び目が解けるか」は最も基本的でありながら極めて難しい問題である。2000年 M.Khovanov によって Jones 多項式の圏論化として Khovanov homology が提唱され、上の問題は判定可能となった。
LT では僕が Swift で開発した Kh. homology 計算プログラムを紹介し、コンピュータ上での実験と観察によって行なっている数学の研究について紹介する。
採択 2018/09/02 16:55〜 Track A LT(5分)

OK Google、Swiftでスマートスピーカーは実装できる?

motokiee motokiee
スマートスピーカーが大流行ですが、Swiftで実装できることに気が付いていますか?このトークではスマートスピーカーのアプリケーションを、iOSエンジニアの大好きなSwiftで実装できるように、ライブデモを交えながら解説を行います。
2016スポンサー 2017スポンサー 2017資料請求 2018資料請求
PR文未 ロゴ未 ロゴ未(昨年参加) 支払未
確認催促 非採択 除外 ルーキーズLT 仮採択 候補
EDGE 確定 小部屋向け 仮採択 前夜祭向き 適合日程無し 別プロポーザル採択済 弱い 候補 カテゴリ違いアリ 別テーマあり 長さ違いアリ LT&ビギナーズ両方 非採択 非採択(重複) テーマかぶり 同一内容 複数時間
PalPal確認 招待 IRT feature スピーカーディナー当選
2016スポンサー 2017スポンサー 2017資料請求 2018資料請求
PR文未 ロゴ未 ロゴ未(昨年参加) 支払未
確認催促 非採択 除外 ルーキーズLT 仮採択 候補
EDGE 確定 小部屋向け 仮採択 前夜祭向き 適合日程無し 別プロポーザル採択済 弱い 候補 カテゴリ違いアリ 別テーマあり 長さ違いアリ LT&ビギナーズ両方 非採択 非採択(重複) テーマかぶり 同一内容 複数時間
PalPal確認 招待 IRT feature スピーカーディナー当選