iOSDC Japan 2018 トーク一覧

採択 2018/09/02 18:05〜 Track A LT(5分)

シークレットLT iOSDC Japan 2018 ネットワークスタッフ

iOSDC Japan 2018 ネットワークスタッフ
(概要はありません)
採択 2018/09/02 14:30〜 Track E アンカンファレンス

ゲーム機のアーキテクチャを語る

@hak @tomzoh hak
(概要はありません)
採択 2018/09/02 14:00〜 Track E アンカンファレンス

たのしいネットワーク環境構築 初心者大カンゲイ !!

S_Shimotori S_Shimotori_pub
(概要はありません)
採択 2018/09/02 12:00〜 Track E アンカンファレンス

わいわいswiftc

@kitasuke @omochimetaru @tarunon
(概要はありません)
採択 2018/09/01 15:30〜 Track E アンカンファレンス

詳解こんしん会のビール 〜IPAまつり2018〜

長谷川智希 tomzoh
(概要はありません)
採択 2018/09/01 16:00〜 Track E アンカンファレンス

iOSアプリ設計パターン雑談

@d_date @takasek
(概要はありません)
採択 2018/09/01 15:00〜 Track D EDGE事例

データ処理と知識化〜AIの効率的な学習を目指して〜

AIREV(株) 森岡幹, 林佑磨
賢いAIをサービス・プロダクトに組み込むための要素技術、特にデータ処理の観点に重きを置いて紹介するとともに、ビジョンとミッションを語ります。
採択 2018/09/01 14:30〜 Track D EDGE紹介

AIとデータセキュリティ〜 安全なデータ活用・流通のための仕組みとテクノロジー 〜

EAGLYS(株)代表取締役社長 今林広樹
AI開発やデータ分析などデータを活用するときに生じるセキュリティ課題とそれを解決するテクノロジーについて、またEAGLYS社の技術研究開発の取り組みや日本から世界企業を生み出すビジョンについて語ります。
採択 2018/09/01 14:00〜 Track D EDGE紹介

宇宙開発に向けたテクノロジーと挑戦

(同)Yspace 代表 田中克明
最近の宇宙産業をとりまく状況を説明するとともに、ispace社やYspace社での技術開発の取り組みやベンチャー企業や起業に挑戦するモチベーションについて語ります。
採択 2018/09/01 13:30〜 Track D EDGE紹介

EDGE NEXT × D-DATaの相乗的人材育成プログラムの威力

早稲田大学理工学術院 教授 朝日 透
研究開発成果やアイデアを基にして起業する人材であるアントレプレナーやリーディング企業において新事業創出に挑戦する人材であるイントラプレナーの育成を持続的展開できるエコシステムの構築を目的としたEDGE NEXTプログラム( https://ssl.waseda-edge.jp/ )、および「ビジネス力×データサイエンス&データエンジニアリング力」を備えた博士人材を社会に送り出すことを使命としたD-DATaプログラム( https://d-data.jp/ )の取り組みとその相乗的連携により始まる新しいプログラム「アントレプレナー養成海外武者修行プログラム」についてご紹介します。
採択 2018/08/31 11:20〜 Track C レギュラートーク(30分)

リアルタイム革命

西谷圭介 Keisuke69
チャットに代表されるリアルタイムなアプリケーションを皆さんはどのように開発していますか?リアルタイムな双方向通信をサポートするソリューションを利用したり、Socket.ioなどを用いてWebSocketで自前で構築するなどあると思います。本セッションでは新たなクエリ言語として注目されるGraphQLのSubscriptionを用いる方法をGraphQLのマネージドサービスであるAWS AppSyncとあわせてご紹介します。
採択 2018/09/01 13:30〜 Track C レギュラートーク(15分)

Charles でネットワークデバッギング

Kazumasa Kumamoto kumamo_tone
「API から何が返ってきているかわからない」「色々なパターンの返り値の表示を見てみたい」といった経験はないでしょうか?

Charles なら、通信の中身を確認することができるだけでなく、リクエスト/レスポンスの編集、リクエスト先の変更など、アプリ開発のデバッグに便利な機能を使うことができます。

この記事では Charles を使ったことがない人向けに、 Charles の基本的な使いかたと使いどころについてご紹介します。
採択 2018/09/01 16:20〜 Track B レギュラートーク(15分)

気遣いの iOS programming

ezura eduraaa
ちょっとした気遣いの積み重ねが人に優しく美しいコードを支えます。
「Swift という素晴らしい言語の力を存分に使い、人を導くコードを書く」「UIKit の癖とうまく付き合う」
これらを実現する、今すぐ小さく始められる、コード上での気遣いのテクニックをお話しします。
(iOS 開発における初級者向けセッションです)
採択 2018/09/02 17:50〜 Track A LT(5分)

App Reviewの不確実性に向き合う

taitodada taitodada4
Kyash社でのリリースサイクルについて、下記を交えてながら話ができればと思っています

- リリース日が明確に決められているビッグリリースがある時の方針
- AppleのReviewerがどういうタイミングでログインしているかログを取っているので、その開示
- ひどいReviewerにあたってしまった時のやり取りログ
採択 2018/09/01 17:15〜 Track B iOSDCルーキーズ LT(5分)

あなたの知らないMeasurementとUnitの世界

ken0nek ken0nek
MeasurementとUnitは、iOS10からFoundationフレームワークに追加された、数量と単位を扱う仕組みです。
これらを使うことで、国や地域ごとに単位の表示を気にすることなくアプリを開発できるようになります。
特に、世界展開してるアプリやヘルスケア・ワークアウト系のアプリと相性が良いです。
このトークでは、MeasurementとUnitの基本から発展的なカスタマイズ方法まで紹介します。
採択 2018/08/31 18:00〜 Track D レギュラートーク(15分)

Haptic Feedback による効果的なマイクロインタラクション

Keisuke Tada tdksk
登場から早2年、もはや Haptic Feedback も含めた UI が必須と言っても過言ではありませんが、効果的に用いている事例もまだ多くないのが現状です。このトークでは、具体的な事例や HIG などから、効果的な Haptic Feedback のための考え方や、具体的なガイドライン、また、実装の tips も取り上げます。このトークを聞けば、誰でもすぐに効果的な Haptic Feedback を組み込むことができるはずです。
採択 2018/09/02 16:25〜 Track A LT(5分)

weak vs unowned

Yutaro Muta yutailang0119
Swiftを扱う上で度々議論となるweakとunownedによるキャプチャ。「確実にクラッシュを防げるweakの方がよい」、「unownedの方がパフォーマンスが優位である」よく聞く意見ではありますが、それは本当なのでしょうか。なぜメモリリークが起こるのかを復習して、両者のメリット/デメリットを再整理し、実コードにおける使い分け方を考え直してみようと思います。
採択 2018/09/02 16:20〜 Track A LT(5分)

(続)カンファレンスアプリを改善した!!

Takezawa Toshiki to4iki
昨年度のLTで話したカンファレンスアプリをアップデートしました。
https://iosdc.jp/2017/node/1545

本LTでは下記の内容を話します
- 数々のカンファレンスアプリをパ○り、いや参考にし必要な機能、不要な物を洗い出し機能を研ぎ澄ました
- 顧客が求めているカンファレンスアプリとは一体何だろうか
- POとの色々(認識のずれ、譲れないお互いの意見)
採択 2018/09/02 14:20〜 Track D レギュラートーク(15分)

教育・企業におけるデバイス管理手法について

大西 正恭 kenchan0130
情報端末は会社にとって大切な資産であり、大切な情報も取り扱うため、適切に管理を行う必要があります。
端末管理を適切に行うことで、
・情報セキュリティ対策
・ライセンス管理
・コスト削減につながる端末の稼働状況の確認および棚卸業務の最適化
などが可能となります。

中々世に出てこないiOS(Android)のデバイスをどのように管理・運用していくと良いのかをご紹介します。
採択 2018/08/31 13:30〜 Track C iOSエンジニアに聞いて欲しいトーク(30分)

スマホアプリエンジニアだから知ってほしいブロックチェーンと分散型アプリケーション

にわタコ niwatako
数年以内に、皆さんのうちの何割かは、WebやクラウドのAPIを叩くのではなく、ブロックチェーンを叩くアプリケーションを開発するようになるでしょう。そして皆さんのうちほぼ全員が、そのようなアプリケーションを利用するようになるでしょう。
分散型アプリケーションクライアントとしてのiOSアプリの未来を、実際にブロックチェーンサイドとクライアントサイドでプログラムを見ながらご紹介します。
2016スポンサー 2017スポンサー 2017資料請求 2018資料請求
PR文未 ロゴ未 ロゴ未(昨年参加) 支払未
確認催促 非採択 除外 ルーキーズLT 仮採択 候補
EDGE 確定 小部屋向け 仮採択 前夜祭向き 適合日程無し 別プロポーザル採択済 弱い 候補 カテゴリ違いアリ 別テーマあり 長さ違いアリ LT&ビギナーズ両方 非採択 非採択(重複) テーマかぶり 同一内容 複数時間
PalPal確認 招待 IRT feature スピーカーディナー当選
2016スポンサー 2017スポンサー 2017資料請求 2018資料請求
PR文未 ロゴ未 ロゴ未(昨年参加) 支払未
確認催促 非採択 除外 ルーキーズLT 仮採択 候補
EDGE 確定 小部屋向け 仮採択 前夜祭向き 適合日程無し 別プロポーザル採択済 弱い 候補 カテゴリ違いアリ 別テーマあり 長さ違いアリ LT&ビギナーズ両方 非採択 非採択(重複) テーマかぶり 同一内容 複数時間
PalPal確認 招待 IRT feature スピーカーディナー当選