採択
2024/08/23 17:30〜
Track A
ルーキーズLT(5分)

プロジェクトで遭遇した奇妙で面白いバグたち

nekodoko315 レイ

プロジェクトを進めていると、時折奇妙なバグに遭遇することがあります。。
今回のプレゼンテーションでは、最近出会った興味深いバグをいくつか紹介し、その解決策についてお話しします。
これらのバグはすべて、私たちのミステリーと挑戦の精神を刺激し、コードの再考を促すものでした。

  1. 絵文字を表示するとレイアウトが崩れた!
  2. 画面録画をするとレイアウトが崩れた!
  3. 特定の条件ではアプリをバックグラウンドからフォアグラウンドに切り替えると画像が表示されない!

他にも興味深いバグがいくつかあり、その詳細についても触れます。

このような興味深いバグを通じて、私たちはコードの特異性を発見し、より良いソリューションを見つけることができました。
このプレゼンテーションでは、これらの挑戦的なバグに対する解決策と学びを共有し、共に成長する機会を提供します。

1
採択
2024/08/23 17:30〜
Track B
ルーキーズLT(5分)

安全で使いやすいCarPlayアプリの魅せ方:HIGと実例から学ぶ

marunomi_ maru

CarPlayとは車載ディスプレイでナビゲーションや音楽の再生が行えるものです。運転中に使用されることが多いため、CarPlayアプリは運転を妨げず、安全で使いやすい設計が求められます。
このトークでは、AppleのHuman Interface Guidelines(HIG)やプログラミングガイドを読み解き、ナビゲーションを行うデモアプリを通じて、使いやすく運転者にとって安全なCarPlayアプリの魅せ方を紹介します。

LTで話すこと:
・HIGから考えるCarPlayの最適な見せ方
・CarPlayアプリのパフォーマンス最適化
・実例で比較する安全な表示

採択
2024/08/23 17:35〜
Track A
ルーキーズLT(5分)

なぜデフォルトが青色!? Tint Colorの理由に迫る

akidon0000 akidon0000

iOS開発者なら誰しも一度は目にする、デフォルトの青いTint Color。この色が選ばれた理由について、考えたことはありますか?本トークでは、その裏に隠された秘密を探ります。

まず、Appleのデザイン哲学や他OSとの比較、歴史的な経緯に基づき選択の理由を明らかにしていきます。次に、青色が持つ視覚的な特性について、色彩理論や人間の視覚に関する研究を交えながら、なぜ青色が適しているのかを探ります。

このトークを通じて、Appleのデザイン哲学やその背後にある考え方を深く理解することができるようになります。そしてデフォルトの青色を軽視せず、その価値を再評価することで、より洗練されたデザイン選択ができるようになるでしょう。

3
採択
2024/08/23 17:35〜
Track B
ルーキーズLT(5分)

Core Graphicsの不思議: Simulatorアプリでマウススクロールを実現

cyan_0FBCF9 新妻 広康

「Simulatorアプリでマウススクロールを使えたらいいな」
普段アプリ開発をしている中で、このようなことを思ったことはありますでしょうか?

Simulatorアプリで画面をスクロールするには、マウスのドラッグ&ドロップで操作する必要があります。
慣れてしまえばなんてことないですが、マウスをいちいち動かすのは地味に不便です。

本LTでは、この問題をmacOSのCore Graphicsの機能で解決していきます。
Core Graphicsを使えばユーザイベントを変換することができ、擬似的にSimulatorアプリ上でマウススクロールを使うことができます。

「Core Graphicsなんてグラフィック系のライブラリでしょ?」と思ったら大間違い。実はユーザイベントにも深い関わりがあるんです。
あなたの知らないmacOSのハック術、お教えします。

8
採択
2024/08/23 17:40〜
Track A
ルーキーズLT(5分)

InputMethodKitとTCAを使ったmacOS上で動作するIMEの開発

Tatsumi0000

macOS上で動作するIMEを、Appleが公式で提供するInputMethodKitを利用して開発しました。

InputMethodKitでは主に、IMKInputController、IMKCandidates、IMKServerの3つのクラスを使って開発します。実際に開発をする中で、特にロジックが集中するIMKInputControllerのコードが肥大化していき、コードの見通しが悪くなるという問題に直面しました。

そこで、この問題を解決するためにThe Composable Architecture(TCA)を導入しました。

本セッションでは、これらの開発体験をもとに、InputMethodKitでよく使う項目に対しての解説と、UIKit/SwiftUIを使用していないコードに対してどのようにTCAを適用するかを中心に発表します。

1
採択
2024/08/23 17:40〜
Track B
ルーキーズLT(5分)

iOS17のScrollViewはちょっとできる子

tk108gabalian toya108

スクロール。
それはUI操作の核とも言えるジェスチャーの一つであり、それを実現するためのフレームワークもまたiOSアプリ開発において欠かせない存在です。

しかし、SwiftUIのScrollViewはiOS13で登場した当初、非常に使いづらいものでした。
基本的なスクロールの機能は提供されていたものの、カスタマイズ性に乏しく、UIScrollViewで実現できた多くの動作を再現することは困難でした。

しかし時は2024年。iOS17の登場でScrollViewも進化を遂げました!

このセッションでは、iOS17で追加されたmodifierを中心に、SwiftUIのScrollViewがどのように進化したのかを具体的な例を交えてご紹介します。

1
採択
2024/08/23 17:45〜
Track A
ルーキーズLT(5分)

数値を文字列に整形する際の落とし穴とその解決策

glassfiber2023 glassfiber

このセッションでは、数値を文字列に整形する際に陥りやすい落とし穴について、具体例を交えて紹介します。

例えば、以下のような関数でパーセンテージの文字列を得ようとする場合を考えます。

func percentStr(_ rate: Double) -> String {
let value = floor(rate 1000) / 1000
let percentValue = value
100
return "(percentValue)%"
}

これを print(percentStr(0.523)) として実行すると、どのような出力が得られるでしょうか?

実際の出力は 52.300000000000004% となります。予想できましたか?

このセッションでは、数値を文字列に整形する際に私が陥った落とし穴について解説します。
具体的な内容は以下の通りです。

1.浮動小数点数の精度問題:
なぜ浮動小数点数がこのような誤差を生じるのか、その理由と背景について説明します。
2.NumberFormatterの活用:
NumberFormatterを用いた解決策を紹介し、どのように実装するかを具体的に示します。

このトークを通じて、皆様が同じような問題に直面した際の参考になれば幸いです。

採択
2024/08/23 17:45〜
Track B
ルーキーズLT(5分)

5分で話し切る Roomplan

alt9800 おだやか

iOS16(iPadOS)以降に提供させれているSwiftAPIであるRoomPlanはすごい速度でお部屋をスキャンしてミニチュアハウスを作れます。

普段地図や位置情報で楽しく遊んでいる私が、どのように自身の活動にiOSのアプリ作成を取り入れ、RoomPlanにより作成したデータを利用しているかを5分で話し切ります。
モバイルアプリケーションを専業とされている方のみならず、測量や建築、環境デザインに携わっている方など周辺領域に広く届くように、アプリケーション構築が気軽に行えることをお伝えすることもテーマの一つです。

旅行先でもスキャンがしたくてたまらないようなモバイルスキャン星人を増殖させます。

1
採択
2024/08/23 17:50〜
Track A
ルーキーズLT(5分)

これからの時代の新標準!テストフレームワーク「swift-testing」への移行とトラブルシューティング

psnzbss uetyo

Swiftでテストを書く際、Xcodeに組み込まれたテストフレームワークである XCTest を利用することが多いかと思います。しかし、XCTest は当初、Swift ではなく Objective-C でテストを書くことを目的として作成されました。そのため、Swift5.5 から導入された Swift Concurrency への対応が不十分であるという問題点があります。

そこで登場したのが新しいテストフレームワークである swift-testing です。
swift-testing は、非同期プログラミングをより効果的にテストできるように設計されており、Swift6 からはこのフレームワークの利用がデフォルトになると考えられています。

このLTでは、以下の内容について紹介します。

  • swift-testing と XCTest の違い
  • swift-testing への移行作業
  • swift-testing を使用する際のベストプラクティスとトラブルシューティング
8
採択
2024/08/23 17:50〜
Track B
ルーキーズLT(5分)

コンパイル結果を観察してSwiftの効率的なエラー処理メカニズムを紐解く

rapt_dev Ryu Noguchi

Swift言語におけるエラー処理のメカニズムは、他のプログラミング言語と共通する命名や概念を持ちながら、その実装と性能の特性において独自のアプローチを取っています。本トークでは、Swiftのエラー処理の仕組みを具体的なコード例とそのコンパイル結果を通じて解説し、他の言語との比較を行います。

発表では、まずシンプルな例を通じて、エラー処理付きの関数がどのようにコンパイルされるかを示します。特に、throwキーワードの周辺で行われる処理、つまり通常の戻り値処理に加えたエラーオブジェクトの伝達、およびtry周辺でのエラー検知と分岐処理に焦点を当てます。

そしてコンパイル結果の観察から、Swiftが如何にして他言語と類似の構文を提供しながら、実行時の負荷を軽減しているかを明らかにします。比較対象としてJavaを挙げて、類似の構文を提供しながらもその実装方法と実行時の性能に違いがある点を簡潔に解説します。

このトークはさまざまなエラー処理方法を一通り学んだSwift中級者へ特にお勧めできるものです。
このトークを通じてtryを利用したエラー処理の性質をより深く理解し、さまざまあるエラー処理方法の中から状況に応じた適切な方法を選択できるようになると考えています。

1
採択
2024/08/23 17:55〜
Track A
ルーキーズLT(5分)

Screen Time APIで生活習慣改善アプリを作ってみた!Screen Time APIって何ができるの?

tommy__yj Yuto Tomita

iOS15とともに登場したScreen Time APIですが、皆さんは使ったことがありますか?
iPhoneにデフォルトで搭載されているScreen Timeではアプリの起動時間を制限したり、アプリの利用時間を取得することができます。
そんなScreen TimeはAPIが公開されており、アプリからも使用することができます。
APIを利用すると、アプリのロック画面をカスタマイズすることができたり、Screen Timeを利用する時間やタイミングをより細かく調整することができます。

Screen Time APIは便利なAPIですが、現状使っているアプリが少なく、あまりメジャーではないため知見があまり出回っておりません。また、ドキュメントに記載されていないが、知っておくべきポイントというのもたくさんあります。

このLTでは、Screen Time APIとはなんなのか、一体何ができるのか?、どのようにすれば使えるのかなどScreen Time APIを使うにあたって知っておくと便利なことを実際に生活習慣改善アプリを開発した話を交えながらお話しします。

4
採択
2024/08/23 17:55〜
Track B
ルーキーズLT(5分)

メモリ最適化を究める!iOSアプリ開発における5つの重要なポイント

Yuta Hirakawa

その昔iPhoneのRAM容量は512MBや1GBしかなく、メモリ管理は非常に重要でした。しかし、近年では3~8GBの容量が一般的になり、メモリ不足に悩むことは少なくなりました。

それでも開発者にとって適切なメモリ管理は重要です。メモリリークや不要なメモリ使用を避けることで、アプリのパフォーマンスを向上させることができます。
iOS開発ではARC(Automatic Reference Counting)によってメモリ管理が自動化されていますが、オブジェクトが解放されずに残ってしまうケースがあります。

このトークでは、特に注意が必要な5つのポイントについて解説します。

  1. クロージャ内self参照による循環参照
  2. 親子クラスの循環参照
  3. UIImage(named:)による画像呼び出し
  4. URLSessionConfiguration = .defaultの指定
  5. URLSessionDelegateのextension実装

これらのポイントを押さえて、アプリのパフォーマンスを向上させましょう!

5
採択
2024/08/23 18:00〜
Track A
ルーキーズLT(5分)

プログラマのための音楽入門

cheebow CHEEBOW

プログラミングとかけまして音楽と解きます、その心は?
どちらもコード(code | chord)が重要です

プログラマと音楽は相性が良いのです。
私自身も、平日はプログラマ、週末はアイドルなどへの楽曲提供をする作曲家です。

音楽はセンスがないとできないというわけではありません。
コードネームから構成音を求めるプログラムを作ることができます。
コード進行やリズムにはパターンがあり、デザインパターンやライブラリのように利用することができます。
音楽にも理論があります。

本トークでは

  1. コードネームから構成音を求めるプログラムを作ってみる
  2. コード進行やリズムのパターンを利用する
  3. 音楽理論は楽しい

についてお話しします

プログラマならではの視点で、音楽を楽しんでみませんか?

6
採択
2024/08/23 18:00〜
Track B
ルーキーズLT(5分)

TextFieldに"2"が入力できなくなったお話

hisakioomae 大前 久基

ある日、ショッピングアプリのQA中に1つのバグ報告がありました。
ショッピングアプリの主要な機能である「価格の絞り込み」や「カート投入時の数量」などで利用するTextFieldで一律「2」が入力できなくなっていました。
この致命的なバグに、全く想像もつかず、チーム全員が固まってしまいました。

最初に疑ったのはソースコードの実装。ですが、ソースコードには特に問題は見当たりませんでした。それでは、特定のOSの問題か?どうもこれも違うようでした。

いったいなぜ「2」が入力できないのか?
そして辿り着いた原因は、我々が全く想像しなかったものでした。

笑撃の結末を見逃すな!乞うご期待ください!

5
採択
2024/08/24 10:30〜
Track A
レギュラートーク(40分)

Swift 6のTyped throwsとSwiftにおけるエラーハンドリングの全体像を学ぶ

koher koher

Swiftがオープンソースになって以来、長年議論され続けてきたTyped throwsの提案がついに承認されました。これは、throws節にエラー型を指定できる新しい言語機能であり、Swift 6から導入されます。

Swiftにおけるエラーハンドリングの考え方は、Swift 2でthrows/tryが導入される際にまとめられた"Error Handling Rationale and Proposal"というドキュメントに基づいています。その後、Swift 5でResultが導入され、Swift 5.5でSwift Concurrencyが追加されました。これにより、それらの機能とエラーハンドリングを併せて考える必要が生じました。そして、Swift 6でTyped throwsが導入されます。

しかし、それらの変化は、Swiftにおけるエラーハンドリングの基本的な考え方を変えるものではありません。"Error Handling Rationale and Proposal"の理念は今も生き続けています。

本セッションでは、まずTyped throwsについて説明し、次に"Error Handling Rationale and Proposal"の内容を復習します。最後に、それらを踏まえた上でSwift 6でどのようにエラーハンドリングを行うべきか、その全体像を示します。

24
採択
2024/08/24 10:30〜
Track B
レギュラートーク(40分)

visionOSで空間演出を実現する方法

shmdevelop 服部 智

Apple Vision Proには、2D動画を再生するとその場面に応じて現実空間に対して演出効果が表示されるという、
とても面白い機能を持つアプリがあります。

例えば、突然飛行機が上空を通り過ぎたり、周辺がヨーロッパの街並みに変わったり、たくさんの風船が表示されたり。

グラス型端末の没入感と相まって、これまでとは一線を画した斬新な体験です。

この面白い機能はどうやって実装するのでしょう。
何がきっかけで演出が始まるのでしょうか?
演出はどう作るのでしょうか?
動画のスキップ、一時停止には対応しているのでしょうか?

これらの疑問に答えるため、このセッションでは、Swiftネイティブの環境でその機能をいくつか実装していきます。
作業手順を説明しソースコードを解説し、ライブデモを行います。

具体的には以下の内容をカバーします:

  • HLS動画へのmeta data埋め込み
  • OSCによる外部からの制御
  • 演出開始、任意発火、発火制御ボタンの実装と作法
  • 周辺を変える演出、戻る演出
  • Particleによる演出

このセッションを通じて、参加者は実際にvisionOSでの空間演出を実装するための具体的な手法を学び、自分で独自の体験を作り上げるスキルを身につけることができます。
visionOSの可能性を知り、今後も体験が進化していくワクワクを届けたいと思います。

7
採択
2024/08/24 10:30〜
Track C
レギュラートーク(40分)

Apple Siliconを最大限に活用する方法

EXCode013 mori

皆さん、Apple Silicon使っていますか?
ビルド時間の短縮によってその強力な性能を開発現場で実感している方も多いと思います。

このApple Siliconですが、実はCPUとGPU以外にも様々な機能があることを知っていますか?
例えば代表的な例として機械学習を高速化するNeural Engineが挙げられます。
実はその他にもVideo EncoderやML Acceleratorなど一部の処理を高速化するハードウェアが搭載されています。

またiPhoneに搭載されたAシリーズから始まり、近年Macに搭載されたことで全AppleプラットフォームでApple Siliconが搭載されています。
これによりMacを含めてWatchやTV、Vision ProでもiPhoneと同じアプローチで高速化することが可能になりました。
このトークではApple Siliconに搭載されている特殊エンジンの概要と、それらを効果的に利用するためのテクニックについて解説します。

  • Apple Siliconの各種専用エンジンの基本的な概要とその機能
  • 高速化を担当するフレームワークの概要
  • 実際にどれほど高速化されるのか
  • 高速化以外でのパフォーマンスへの影響
  • プラットフォームごとの違いとその影響
2
採択
2024/08/24 10:30〜
Track D
レギュラートーク(40分)

iPhone × NFC で実現するスマートキーの開発方法

oka_yuuji oka yuji

いきなりですが「自宅の鍵が公共交通機関の改札のようにiPhoneで開閉できたらなー」と思ったことはありませんか?

NFC(近距離無線通信)はセキュアでレスポンスが早く、環境に影響されにくいので、デジタル認証を行う上で非常に適した通信技術です。
iOSにもNFCをサポートするCore NFCというフレームワークがありますが、現状ではNFCタグやNFCカードの読み書き機能しかサポートしていません。
そのため、物理カードのように振る舞うカードエミュレーションや、双方向通信を行うP2Pモードは実装できません。
また、カードエミュレーションとして機能するNFC付きのPassの生成も現状では限りなく不可能に近い状態です。

これらの制限により、現状では個人でiOSとNFCを組み合わせてスマートキーを開発することは難しい状況です。
しかし、どうしてもNFCを利用して公共交通機関の改札レベルの体験を自宅でも味わいたい…と思い、NFC付きのPassを利用して開閉するスマートキーを作成しました。

このトークでは、NFCの基本的な話から、Core NFCでできることを簡潔に解説した上で、NFC付きPassを利用して開閉するスマートキーの作り方をデモを交えて紹介します。
基本的な概念から応用まで40分で学べる内容となっていますので、ぜひこの機会に今後のiPhoneとNFCの可能性に備えませんか?

4
採択
2024/08/24 11:25〜
Track A
スポンサーセッション(20分)
スポンサーセッション

クロスプラットフォーム普及増加。SwiftでiOS開発はもうやらないのか....?

__shimisho__ 清水 翔貴

現在、Flutter、React Native、MAUI、Compose Multiplatformなど様々なクロスプラットフォームフレームワークが登場しており、業務での利用も増えているかと思います。
弊社でもFlutterを使用した案件が出てきております。

そのような中で、「Flutter等を使用してiOS・Androidを一緒に開発できるのに、Swiftで開発する必要はあるのか」という疑問を誰しも一度は抱いたことがあるかと思います。
実際、私自身も個人的なアプリ開発では、Flutterなどを使用することが増えました。

そのため、「とりあえず効率が良さそうだから」という理由だけでクロスプラットフォームを選ぶのではなく、しっかりとした理由に基づいて技術選定を行うことで、開発効率を向上させ、質の高いアプリを作れるようになると考えました。

そこで本トークでは、今一度Swiftとクロスプラットフォームでの開発を比較し、それぞれを利用する場面について考えていきたいと思います。

9
採択
2024/08/24 11:25〜
Track B
スポンサーセッション(20分)
スポンサーセッション

ウォンテッドリーにおけるモバイルアプリ開発

swiz_ard Masatoshi Kubode

ウォンテッドリーは、「究極の適材適所によりシゴトでココロオドル人をふやす」をミッションとして、働く人全てに関わるプロダクトを開発しています。モバイルアプリは主にWantedly Visitアプリを展開し、求職者と企業の最適なマッチングを提供するサービスを提供しています。
Wantedly Visitの開発では、技術的にはKMPを使ったモバイルプラットフォーム共通のロジックと、SwiftUIやJetpack Composeといったモダンな技術スタックで開発を行っています。
このセッションでは、普段のKMPを使った開発の進め方や、チームの話、今後の方向性などについて話す予定です。

1