PHPカンファレンス沖縄 プロポーザル一覧

レギュラートーク(30分)

東京→沖縄→東京と流れたPHPエンジニアは働き方を模索する

合谷 拓樹 tombijp
東京で働いていたPHPエンジニアがあるきっかけで沖縄で働くことになり、
またあるきっかけで東京に戻ることになった。
そんな中で「給料」、「家族」、「仕事」、「副業」などの変遷や、
東京でSaaSサービスを展開する企業のリアルな現場感(開発/PM)を
お伝えしたいと考えています。
1
レギュラートーク(30分)

Laravel Job Queueで バッチ運用した話

カンボ@沖縄 kanbo0605
LaravelのJob Queueを用いて、処理の負荷を軽減させた話をさせて頂きます!
具体的にはバッチ処理で毎日、大量にスクレイピングの処理が走る中で、
PHPメモリエラーになる可能性が高い箇所があり、その部分をJob Queue化しました。
実装する中で工夫した点やノウハウ、難しかった部分などを細かくお話できればと思います。
レギュラートーク(30分)

LiteSpeed LSAPIという選択肢をご存知ですか?

高橋邦彦 kunit
普段皆さんはPHPをどのような環境で実行してますか?

Apache を使って mod_php ですか?
Nginx と php-fpm の組み合わせですか?

意外と知られていませんが、php-src の sapi にはこれらの他に litespeed というものがあり、LiteSpeed というWebサーバーと組み合わせて使うことができます。

公式サイトでは Apache よりも Nginx よりも WordPress がはやい!というベンチマークがでている LiteSpeed について、あまり日本では紹介されていないので、これをつかうとどういうところがうれしいのかという点に関してお話したいと思います。

特に秘伝のタレの rewrite ルールがあるという方に耳寄りのものになると思います!
1
レギュラートーク(30分)

地方のPHPerはいかに付加価値をつけて生き残るか 〜地方で価値を高める取り組みの事例について from Osaka〜

xinsuzuki xinsuzuki
ICTがこれだけ発達し、政府が地方創生や働き方改革を提唱し、実際にリモートワークできる環境が整っていながら、
日本では仕事も、企業も、PHPerも、何もかもが東京に集まっています。

首都圏を除く地方にもPHPerが一定数いますが、
・地方の開発プロジェクトが東京の企業に発注されてしまう
・運良く見つかったお仕事がレガシーな体制/コードで書かれていて絶望する
・評価を得るためにクラウドソーシングサービスで安請け合いをする人が続出している

こうした課題を乗り越え、地方のPHPerはいかにして付加価値を高めながら生き残るか?

このセッションでは開発者として13年目/フリーランサーとして8年目を迎えた大阪在住のおっさんが
GAFAM、大阪万博、自治体などとコラボした事例に触れながら、参加者のみなさんと双方向でやりとりできればと思っています。
LT(5分)

あえて生PHPでコーディングして、FWの素晴らしさを再認識した話

くろすけ _nishiyama_
# ゴール設定
どの言語も生でコーディングはしんどいし、つらみなので、FWの素晴らしさを再認識したことを伝えたい

# 構成
* 生PHPで簡単なログインフォームを作ってみた
 * ステップ数をざっと見ていただく
 * 動作をざっと見ていただく
* 攻撃実演 ※攻撃手法を見せるのがまずい場合は伏せます。
 * XSS
 * SQLインジェクション
 * セッションハイジャック
* FW(Laravel)でログインフォームを作ってみた
 * ステップ数をざっと見ていただく
* 再度、攻撃
* FWは素晴らしい。Laravel大好き
レギュラートーク(30分)

ハムスター監視システムを噂の Swoole と Raspberry Pi でつくってみた

めもり〜 m3m0r7
ペット、かわいいですよね。私はハムスターを二匹飼っています。それぞれキンクマとジャンガリアンです。
可愛すぎて「常時見ていたい…」そのような気持ちになることはありませんか?
ありますよね。更に、ストリーミングで常に見れたらうれしいですよね。
そんなニーズに答えるため、 PHP の拡張の Swoole と Raspberry Pi を使用して、ストリーミング再生で常に最新の情報が送られるようなハムスター監視システムをつくってみました。
実装までの過程で、Swoole や Raspberry Pi で乗り越えた壁や、どのような形で開発をしたのか一つのドラマとしてトークします。
レギュラートーク(30分)

PHP でソケット通信入門

めもり〜 m3m0r7
みなさんは、PHP をどのような用途に使っていますか?ウェブサイトなどのウェブサービスを作成する目的でしょうか?
PHP ではウェブサービス以外の用途にも使用できます。例えば、Laravelをご利用の方は arisan コマンド、 CakePHP をご利用の方は bake コマンドなど、用途は多岐にわたるかと思います。
それ以外にも、PHPではソケット通信を行うことができます。ソケット通信でできることといえば、例えば PHP を HTTP サーバーそのものにする、PHPで WebSocket を実装する、サーバーへ SSH ログインするなどができたりします。他には ルーターと接続して、 UPnP の設定を行い、いわゆるポート開放を行ったり、ストリーミングで動画配信などもできます。
私がこれらを創ってきた経験から PHP でソケット通信に関するトークをできればと思います。
1
レギュラートーク(30分)

実用PHPメタプログラミング

うさみけんた tadsan
メタプログラミングとは、目的のロジックをプログラムとしてそのままコーディングするのではなく、プログラムを生成するようなロジックを書くことで目的を達成する技法のことです。メタプログラミングを効率よく採用することで単純なコーディングを避けたり、テストの省力化などの御利益があります。

PHPはWeb開発に利用されるほかの動的スクリプト言語(Python, Ruby, Lisp)と比べても静的な性質が強く、IDEや静的解析ツールによるエラー検査の恩恵を受けやすい言語です。ではPHPはそのような動的言語と比較してメタプログラミングの余地はないのでしょうか?いいえ、PHPにもメタプログラミングに活用できる機能はいくつもあります。


このトークではメタプログラミングに活用できるPHPの言語機能と発表者による実用例、既存ツールの紹介、魔術、そして戒めについて30分に濃縮してお伝えします。
レギュラートーク(30分)

「割れ窓」を増やさないためのコード設計

東口和暉 hgsgtk
長く続くシステムを運用していくと、テストが書かれていないコードや何百行・何千行に渡るメソッドが存在するコードが随所に存在するシステムに対して運用・改修をしていく必要が出てくることがあります。
それらに対して、根本治療的に構造を改善するなどが必要とわかりつつも、工数感・改善するための技量の問題などで、既存のコードベースと同様のやり方を踏襲してしまってさらに状況を悪化させてしまうという経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか。このトークでは、レガシーコード改善の手法を一部を活用して、いかに「次の改善につなげる余地を残した状況」に保つかを話します。具体的には、「スプラウトメソッド」・「非推奨機能の回避・明示」・「仕様化テスト」などが挙げられます。このトークを通じて、「今のコードに引きずられずに思考して自分の仕事をコードに反映するか」という考え方について伝えらればとおもっています。
  • 1
  • 2 (current)