レギュラートーク(30分)

E2Eのテスト環境とテストデータの理想と現実 PHPカンファレンス沖縄2021

5
hgsgtk 東口和暉 hgsgtk

PHPerが日々奮闘するソフトウェア開発の現場では、ユニットテストを書くことは推奨され普及してきました。
一方、E2Eといった高レベルのテストになると整備したいという気持ちはありつつ、初期構築コスト自体の高さや、構築したもののテスト維持に失敗する話をよく聞きます。
その要因の一つとして、本トークではテスト環境とテストデータに着目します。

テスト環境とテストデータの扱いは、既存システム都合との折衷案を取る必要があったりする理想と現実の間での戦いになる事が多いでしょう。
現場での戦いの武器となるような事例とそれぞれの実践手段のメリット・デメリットをまとめてお伝えします。

論点1. テスト環境を専用に作るか、既存のものを利用するか
論点2. E2Eでは利用不可な外部サービスがあるケース
論点3. テストデータを作る3つのバリエーションとそのメリット・デメリット