採択 2022/09/24 11:55〜 Track1 Regular Session (25mins)

リリースして11年経過したPHPアプリケーションにPHPStanを導入した PHP Conference Japan 2022

Service Operation Quality
task2021 山下祐 | Chatwork株式会社 task2021

※ こちらのトークはオンライン登壇になります

本年、Chatworkはリリースから11周年を迎えました。Chatworkで使われているプログラミング言語といえば、Scalaのイメージが強いかもしれません。
しかし、サーバーサイドのコードをPHPで実装されて以来、PHPコードは今でも現役でChatworkを支え続けています。

Chatworkではcommit毎に約6000ファイルのテストケースを実行しています。しかし、型エラーなどが発生していたとしてもテストでカバーしきれないところは、最悪の場合そのまま本番環境へリリースされてしまうという問題がありました。
それによって過去実際にユーザー影響のある障害が発生してしまったこともあり、Chatworkを安定稼働させ続ける上でも大きな問題点でした。

上記のような課題感から、PHPアプリケーションのCIに静的解析ツール(PHPStan)を導入し、コード品質の向上に役立てています。

本セッションでは、歴史の長いPHPで実装されたプロダクトコードにPHPStanを導入するにあたり、「導入に当たっての障害」「開発チームにスムーズに受け入れられるために取り組んだ事」「導入して得られたメリット」などに焦点を当てて紹介したいと思います。