Lightning Talks

レガシーシステムから、クリーンアーキテクチャを夢見る PHP Conference Japan 2019

8
penguin_no_045 やなせ たかし penguin_no_045
先日、18年間運用されているシステムで大量のユニットテストを書きました。その際大量のモックを利用し、必死にコードの動作を制御するという経験をしました。
そこで得られた知見を整理すると、ぼんやりとクリーンアーキテクチャにつながる出口が見えてきました。
なぜモックを書かなければならなかったか、大量生産したモックはいったい何を意味するのか。
モックを使うことでテストを通すだけでなく、モックを利用して設計を改善する方法があるということをご紹介します。
phpcon-2018-sponsors
2018 2017 スペシャル プラチナ ゴールド シルバー ブロンズ ランチ ネットワーク サンクス スポンサーセッション
初めてのスピーカー International CfPあり 来日意思あり ビデオ通話希望 採択あり LT採択あり スピーカーディナー参加 スピーカーディナー不参加 スポンサースピーカー Tシャツ情報募集中
初心者向け 初めてのスピーカー インフラ 20回記念 設計 Test/CI/CD Security データベース レガシーコード フレームワーク