25分枠

社内最長老のシステムにPHPUnitで立ち向かい、和解した PHP Conference Japan 2019

7
penguin_no_045 やなせ たかし penguin_no_045
いわゆるレガシーシステムを運用していくにあたって、ユニットテストをどう書いていくべきでしょうか。
長大な関数、引き回されるグローバル変数、オブジェクト指向へのチャレンジの痕跡・・・このようなコードのユニットテストを単純に書くのは至難の業です。
先日、18年にわたって運用されているシステムで重要機能のカバレッジを100%にするというチャレンジを行いました。
その際に、ユニットテストとモックを駆使して問題を分割していくというアプローチを取り、一定の成果を得ることに成功しました。
今回はこのチャレンジで得た知見から、テスト手法の紹介と、今回取ったアプローチを突き詰めた先の展望についてお話します。
phpcon-2018-sponsors
2018 2017 スペシャル プラチナ ゴールド シルバー ブロンズ ランチ ネットワーク サンクス スポンサーセッション
初めてのスピーカー International CfPあり 来日意思あり ビデオ通話希望 採択あり LT採択あり スピーカーディナー参加 スピーカーディナー不参加 スポンサースピーカー Tシャツ情報募集中
初心者向け 初めてのスピーカー インフラ 20回記念 設計 Test/CI/CD Security データベース レガシーコード フレームワーク