採択 ロングセッション

Mathematicaで一から作り上げるオブジェクト指向プログラミング環境 Object-Oriented Conference

1
kozukorio kobayashikorio kozukorio
Mathematicaは、項書き換え型言語と呼ばれますが、オブジェクト指向言語であるとはされていません。しかし、実は、基本的な関数の組み合わせだけで、一切のスクリプトを用いることなく、OOPを実現することができます。その核心部分がMathematicaで記述された関数の二重呼び出しです。
実現されたクラスそして内部に置かれるメソッドは関数型で表現されるゆえに、コンストラクションはクラス関数の呼び出しとして表され、結果としてインスタンスも関数型で表現されます。
関数型として表現されるゆえに、コンストラクションには連想配列(辞書型)を極めて容易に導入でき、メモリの許す限りの多数の初期化されたインスタンスを生成することができます。
このトークで、たとえMathematicaを知らなくとも、OOPがどのように構成されているかを知ることができます。なぜならば、Mathematicaの関数によりOOPを構成していく過程を見ることで、クラスとメソッドはどのような関係にあるかを知り、どうしてカプセル化が実現されるのかを知り、クラス関数の実行でコンストラクションとインスタンスの関係を知り、複数のクラスの関係から継承とは何かを知り、関数呼び出しの形式からポリモルフィズムを知ることができるからです。ラムダ計算を通じて、クロージャがOOPに包含される様子も目にすることができるでしょう。
そして、OOP環境が関数型として表現されるゆえに、強力なMathematicaのソルバーやグラフィックスと容易に組み合わせることができて、さらには、インスタンスをマルチコアにデプロイすることで並列計算への扉が開かれることを、実例でお示ししましょう。
採択者
仮採択 非採択 重複 Type: 初心者向け Type: 設計 Type: フロントエンド Type: 体験談 Type: テスト Type: 歴史 Type: 実装 Type: 概念 Type: DDD Type: 上級者向け