ロングセッション

MVCであなたが感じた「オブジェクト指向じゃない感」は正しい ~MVCとDDDのギャップ~ Object-Oriented Conference

7
moomooya 鈴木 勇 moomooya
2000年代前半のJava + Strutsブームの頃から多くの会社が「Java/MVCでオブジェクト指向で開発しています」と標榜していました(Javaの部分はPHPでもRubyでもなんでもいい)。しかしクラスとオブジェクトを利用していればオブジェクト指向なのだろうか。

近年のドメイン駆動設計(DDD)の流行によるオブジェクト指向設計の再発見により、オブジェクト指向設計を再勉強している方は多いと思いますが、オブジェクト指向の説明で必ず出てくる「モノがクラスで、モノの振る舞いはクラスに含まれる」という説明に対して、過去に「オブジェクト指向設計で開発していた」とされたMVCが異なる設計になっていると疑問を感じないだろうか。Controllerなんて振る舞いが独立したクラスになっているじゃないか、Modelに振る舞い――Controllerが受け持つ各種制御や、Viewが受け持つ表示制御――を持たせるべきなのではないだろうか、と。

MVCとDDDにはなぜギャップがあるのか。そのギャップを視点――関心の切り口――に「仕組みのとしての視点」「課題解決(ビジネス)としての視点」という違いがあるという目線で解説します。
そして今後DDDに基づいた設計をしたときにマイクロサービスアーキテクチャ、さらにはマイクロフロントエンドの概念に続く道について今改めて理解を整理したいと思います。
採択者
仮採択 非採択 重複 Type: 初心者向け Type: 設計 Type: フロントエンド Type: 体験談 Type: テスト Type: 歴史 Type: 実装 Type: 概念 Type: DDD Type: 上級者向け