ロングセッション

関数型でソフトウェアをつくる Object-Oriented Conference

7
C5X@7hU%9qE
JavaScriptやGo、PHP、Rubyなど、毛色の違う様々な言語でオブジェクト指向と闘ってきました。

そんな中、最近ではTypeScriptを使い、関数型の考え方でプログラミングをしています。いわゆるclassを使うことは(ほとんど)なくなり、純粋関数を組み合わせて、宣言的にコードを書いています。では、オブジェクト指向を忘れてしまったのか?いえ、そうではありません。関数型であるからこそ、オブジェクト指向のエッセンスが随所ににじみ出る、そのような思いをひしひしと感じています。

オブジェクト指向の真髄は、「コンポーネント化」であり、小さいまとまりでソフトウェアをつくりあげることです。関数型であることとオブジェクト指向で書くことは矛盾しません。昔ながらのコアな設計を柱としながら、開発効率の高い関数型で開発する。そのあたりを、他の言語などと比較しつつ、詳しく話したいと考えています。
採択者
仮採択 非採択 重複 Type: 初心者向け Type: 設計 Type: フロントエンド Type: 体験談 Type: テスト Type: 歴史 Type: 実装 Type: 概念 Type: DDD Type: 上級者向け