採択 2023/03/23 18:50〜 Track B レギュラートーク(40分)

ウォーターフォールに思えたプロジェクトにあったアジャイルの要素 PHPerKaigi 2023

10
kubotak_public 久保田賢二朗 kubotak_public

弊社で5月から11月に行われたプロジェクトはエンジニアから見てウォーターフォールのようにスケジュールが組まれていた。
終わってみると特に炎上らしい炎上はなく、プロジェクトは成功した。
ここで疑問が湧いた。ウォーターフォールに思えたプロジェクトは何が要因でうまく遂行できたのか?
弊社では昨年末よりスクラムによるアジャイル開発に力を入れていたが今回は明確な期日が決められ、スケジュールが組まれたウォーターフォール・・・
力を入れていたアジャイル開発とはなにか、なぜアジャイル開発が良いと思っていたのか。そこでRobert C. Martin著「クリーンアジャイル基本に立ち戻れ(邦題)」を輪読し、うまく行ったウォーターフォールにあったアジャイル要素を見つけた。
このセッションでは弊社のウォーターフォールの事例からクリーンアジャイルで説明されているプラクティスの何が効いたのか紹介します。