レギュラートーク(20分)

PHP8になった今の時代に、PHPの「エラー」「例外」そして「Error」をおさらいしておこう PHPerKaigi 2021

6
o0h_ きんじょうひでき o0h_

「エラーと向き合う」ことは、プログラムの品質を極める上で最重要な要素の一つです。
では、PHPが持つ「エラー」とは、いったい何を意味しているのでしょうか?
面白いのは「時代の流れに応じて変わってきている」点であり、またそれがphperを悩ませるのも点でもあります。
「エラーとは何なのか」、PHP8が登場した今の時代に改めておさらいしてみませんか?

PHPにはたくさんの「異常」を知らせる仕組みがあります。
まず初めに「エラーレベル」があり、PHP5で「例外」が導入されました。次にPHP7で当初"EngineException"と称された「Error」が登場します。
そしてPHP8では、「Error」の適用範囲が増えたり、あるいは(時には処理実行の中断を伴う)エラーレベルの引き上げが実施されました。

最も顕著なのは、組み込み関数でも引数が宣言された型に合致しない場合にTypeErrorを発生させるようになった点でしょうか。
もしくは、未定義変数を利用した場合のエラーレベルがNoticeからWarningに引き上げられた点だ、と言う人もいるかも知れません。
どちらも昨今のPHPが”より真面目に”プログラミングのエラーに向き合うようになりつつある態度を感じます。

本セッションでは、PHP7時代を振り返って「Throwable/Error/Exception」を整理するとともに、エラー関連の挙動に注目しながらPHP8の「堅牢さ」についても考えてみたいと思います。