レギュラートーク(30分)

地方のPHPerはいかに付加価値をつけて生き残るか 〜地方で価値を高める取り組みの事例について from Osaka〜 PHPカンファレンス沖縄

xinsuzuki xinsuzuki
ICTがこれだけ発達し、政府が地方創生や働き方改革を提唱し、実際にリモートワークできる環境が整っていながら、
日本では仕事も、企業も、PHPerも、何もかもが東京に集まっています。

首都圏を除く地方にもPHPerが一定数いますが、
・地方の開発プロジェクトが東京の企業に発注されてしまう
・運良く見つかったお仕事がレガシーな体制/コードで書かれていて絶望する
・評価を得るためにクラウドソーシングサービスで安請け合いをする人が続出している

こうした課題を乗り越え、地方のPHPerはいかにして付加価値を高めながら生き残るか?

このセッションでは開発者として13年目/フリーランサーとして8年目を迎えた大阪在住のおっさんが
GAFAM、大阪万博、自治体などとコラボした事例に触れながら、参加者のみなさんと双方向でやりとりできればと思っています。