English follows Japanese.

PHP Conference Japan 2022 のトーク募集です。
公式サイト: https://phpcon.php.gr.jp/2022

2000年からはじめ、第23回目、22周年を迎える歴史あるPHPカンファレンスです!
2020, 2021 と、オンライン形式の開催を行ってきましたが、ようやく大田区産業プラザPiOでの開催が帰ってきます!! オンラインでの配信も予定しておりますが、登壇者は東京の会場で登壇する形式で行います。

【募集要項】

  • 開催日は2022/09/24および、9/25 です。登壇予定時間は10:00 〜 19:00 の間になります。(申込時に登壇可能日を入力します。)
  • 会場は大田区産業プラザPiO です。https://www.pio-ota.net/
  • 募集は2022/07/17までです。採択は8月上旬、プログラムの発表は8月下旬を予定しております。
  • PHPを中心として、その周辺の運用・データベース・セキュリティ・マネジメント・DX・ビジネスなどなど、特にトーク内容に制限はありません。(ただし、公募セッションの場合は自社製品の宣伝・求人のみを主体とした内容については、お断りしております。)
  • 初心者大歓迎です。はじめて登壇される場合については応募時に、大きめなカンファレンスのでの登壇がはじめてであることをご記載ください。配慮いたします。
  • 発表に際しては、行動規範を守るようにお願いします。多様な参加者が「参加してよかった!」とカンファレンスを終えることができるよう、お願いいたします。 (行動規範はこちら)
  • 1人あたり、複数の応募を行うことができます。採択は原則1セッションです。
  • 最大並行トラック数は4を予定しています。トークの採択状況に依存しますが、2日間通しで、およそ50トークの予定が組まれる予定です。

【登壇方法】

  • 原則、大田区産業プラザPiOでの登壇をお願いします

【セッション時間】

  • Long session (60分): 60分の長いセッションです。
  • Regular session (25分): 25分の通常セッションです。
  • LT (4分): 短いトークです。時間になったら強制終了です!

Long session, Regular session については、質疑応答時間を含めた時間となります。
LT に関しては、質疑応答時間を設けないため、4分の時間を目一杯利用してください。
なお、2020, 2021 に引き続きカンファレンス用のDiscordも用意しますので、そちらから質問を受け付ける形でも問題ありません。

【スピーカ採択特典について】

Tシャツなどを用意する予定です。
スピーカー特典については、採択後サイズの確認をいたします。

ボランティアにより運営されたコミュニティベースのカンファレンスとなるため、公演費・通信費などはこちらでは負担できません。何ぞとご了承ください。

質問は https://twitter.com/phpcon もしくは speaker-phpcon@php.gr.jp までお願いします。(お返事にお時間を頂く場合がございます。)


Hello, PHPers!

This is CFP for PHP Conference Japan 2022.
This is the 23rd edition of the historic PHP conference, celebrating its 22nd anniversary since its inception in 2000!
After having been held in online format in 2020 and 2021, the conference will finally return to Tokyo physical stage.

[Requirements]

  • The dates are 09/24/2022 and 09/25/2022. Speakers are scheduled to speak between 10:00 and 19:00 Japan Standard Time. (Please enter the date you are available to speak at the time of application.)
  • The venue is PiO (https://www.pio-ota.net/english/)
  • The application deadline is 2022/07/17 (JST). Adoption is scheduled for early August, and the program will be announced in late August.
  • There are no restrictions on the content of the talk, which can be centered on PHP or related topics such as operations, databases, security, management, DX, business, etc. (However, in the case of publicly solicited sessions, we do not accept talks that focus solely on advertising or recruiting for the company's products.)
  • We ask that you adhere to the Code of Conduct for your attendance. Please read here.
  • Each applicant may submit multiple applications. But, only one talk will be accepted.
  • The maximum number of parallel tracks will be 4. Depending on the availability of talks, approximately 50 talks will be scheduled for the entire two-day event.

[How to speak on stage]
This year, as a general rule, we ask that you speak at the venue (PiO).
However, if you have any circumstances that make it difficult for you to move or travel to the site, please mention them in your application.

[Talk time]

  • Long session (60 minutes): A 60-minute long session.
  • Regular session (25 minutes): A regular session of 25 minutes.
  • Lightning talk (4 minutes): Short talk!!

Long and Regular sessions will include Q&A time.
For LT sessions, there will be no Q&A time, so please make full use of the 4-minute time slot.
We will have a Discord for the conference as in 2020 and 2021, so you can ask questions from there as well.

[Speaker Adoption Benefits]

T-shirts for the event will be provided.
For speaker benefits, we will confirm the address after adoption.

As this will be a community-based conference run by volunteers, we will not be able to cover performance or communication expenses. We appreciate your understanding.

[Contact]

If you have any questions, please send message to https://twitter.com/phpcon or speaker-phpcon@php.gr.jp. (Please note that it may take some time for us to reply.)