Regular session (25 mins)

堕落するソフトウェアに立ち向かわないと PHP Conference Japan 2021

2
o0h_ きんじょうひでき o0h_

初めて作られた時にはピカピカと輝いていたソフトウェアも、時が経つにつれて「劣化」していきます。
うまく使われれば機能は増えていきます。コード量も育っていきます。そこが問題です。
増殖していくコードたちを、誰が・いつ”良く”するのか。

実行するには、組織内にマインドとスキルの両方が必要です。
それらを育むには、どこから取り組んでいけば良いでしょうか?
本セッションは、「なぜソフトウェアが『劣化』するのか」「それを解消するためにどんな事を狙っていくか」と、そこから演繹して「自分自身の取り組んでみたこと」を紹介します。

まだまだ取り組みの最中なので、必ずしも「成果」をベースに語れるものではありませんが、何かしらのヒントになれば幸いです。
また、オーディエンスの皆さんからのフィードバックをもらったり、そこから更に踏み込んだ議論が生まれていくことを期待しています。

紹介するお話

例えば、以下のような取り組みが「自分なりに考えたこと」でした。

  • 「技術力」を定義する
  • プロダクトと技術力の関係
  • 自分自身が「技術的な成長」を感じた瞬間を構造化して捉える
  • その「良いフィードバックの獲得の仕方」を組織的に再現できないか?

こうした話を「議論のネタ」として提供したいと考えています。

この課題を選んだ背景

プロダクト開発や(Web)サービスの提供を行う会社において、
Webエンジニアに求められる主要な成果は「プロダクトを良くする」ことだと思います。
プロダクトをよく出来るエンジニアとは、どういう存在でしょうか?
実は、「プロダクトをよく出来るエンジニア」になるには「プロダクトを開発する以上の技量」が要求されるのではないでしょうか。

ここには大きな矛盾があると考えています。
「プロダクトを良くし続けるには、プロダクトに必要なレベルの技量では足りない」という矛盾です。
これについて、自分自身が、所属先の企業でのロールが変化したのをきっかけに取り組むようになりました。
組織の姿が「プロダクトを作れる」を超えた「プロダクトの未来を作れる」ようになるにはどうすればよいか・・?と現在進行系で考えています。