採択 2020/12/12 14:35〜 Track5 (PHP8 Special) Regular session (25 mins)

PHP8はISUCONへの扉を開く鍵となるか PHP Conference Japan 2020

15
seike460 清家史郎 seike460

「銀の弾丸はない」
ではPHP8は私達に何をもたらしてくれるのか。

私達はIikanjini Speed Up Contest、通称ISUCONの予選にPHPで挑戦しました。
結果は残念ながら468チーム中46位とあと一歩で本戦への切符を勝ち取る事が出来ませんでした。

実はどうしてもPHPでISUCON 本戦へ出場したい、その想いからPHP 8.0.0 Betaの投入を迷っていましたが
最終的に使うことなく敗退しました。そこに少なからず心残りはあります。

そんな中、先日PHP 8.0.0 Release Candidate 1が発表されました。
来年こそ、大手を振って導入できる事でしょう。

ISUCON は総合力の勝負です。
PHP8が銀の弾丸になることは無いのかもしれません。
しかし、私達PHPerはPHP8に壮大な夢を見らざるを得ません。
そこで私はPHP8のパフォーマンスに絞った内容調査を行う事にしました。

JITなどパフォーマンスに関して多大なる期待が寄せられているPHP8は、
私達をISUCON本戦の扉へ導く鍵となるかを検証してその成果をお話します。

今年、PHPを使ってISUCON 本戦へ進んだチームはただ1チーム
そのチームに続き、来年こそ私達PHPerの手でISUCON本戦への扉を開きましょう

■想定する聴講者
 - PHP8のパフォーマンスに興味がある方
 - PHP8のベンチマークに興味のある方
 - 来年こそPHPでISUCON 本戦への進む心意気のある方

■お話しないこと
 - パフォーマンス以外の話
 - PHPのgRPC利用について

Track ID: Track5-3-B
Discord Channel: #track5-3-b-isucon