社内共通ルールを値オブジェクトにして社内ライブラリとして運用してみた話 by かわうそ

Object-Oriented Conference 2024
採択
2024/03/24 16:30〜
Track E(共1-304)
ショートセッション(20分)

社内共通ルールを値オブジェクトにして社内ライブラリとして運用してみた話

_syoryu89 かわうそ _syoryu89
1

レバテックは現在、フリーランス・派遣・就転職、新卒の各領域を軸に様々なサービス・事業を展開しています。

これらシステムで共通となるルールがいくつか存在しています。
例えば、「メールアドレス」「電話番号」「生年月日」などのValidationであったり、振る舞いに関するルールです。

レバテックではこれらのルールを各システムが保持しており、ルールの分散とルールの不一致により、何件ものシステム障害を起こしていました。
このシステム障害の原因として、ルールの分散とルールの不一致もあるが、共通ルールが存在しておらず、どのルールが正なのかもわからず、システム障害を恒久的に防ぐことが難しくなっていました。

そこで、レバテックにおける共通ドメインライブラリとしてドメインオブジェクトや値オブジェクトを管理するライブラリを作成し、共通ルールをライブラリとして実現しました。
このライブラリはNPMのプライベートパッケージとして作成し、TypeScriptで記述されたドキュメント生成ツールであるtypedocを活用して、社内共通ルールを一元管理できるようにしたものです。

これにより障害発生を大きく削減することができ、また、今まで暗黙知になっていた共通ルールもこのライブラリにどんどん実装され、たくさんのドメイン知識を貯めることができました。
本セッションではこのライブラリ作成に至った経緯、ライブラリの概要、現在の活用状況、今後の活用についてお話しさせていただきます。