Laravel JP Conference 2020 を盛り上げるトークの募集を開始しました!

Laravel JP Conference 2020 は、エンジニアが、LaravelやPHP、その周辺技術のノウハウを共有するためのイベントです。

公式サイト: https://conference2020.laravel.jp

トークのテーマはLaravelに限らず、PHPやその周辺技術、Vue.jsなどのフロントエンドを絡めた話など幅広く募集します。
会場は以下の2種類のトラックがあります。

  • LaravelやLumen、その周辺技術など
  • PHPやその周辺技術、設計など

トラックの振り分けはLaravel JP Conference 2020の運営スタッフにより決定させていただきますが、テーマごとのトラックに分かれていることを留意してテーマを検討していただければと思います。

【募集要項】
公募期間: 2019/11/5(火)~ 2019/12/31(火)24:00

1セッションは3種類の時間で募集します。

  • レギュラーセッション 30分
  • ショートセッション 15分
  • LT 5分

セッションは日本語でも英語でも応募可能です。英語の場合、翻訳は付きません。あらかじめご了承ください。
1人で複数応募も可能…いや、歓迎…推奨です。テーマ違いはもちろん、同じテーマでも時間が異なるものや、対象とする参加者の異なるものなど、どんどんご応募ください。
複数応募された場合、原則として重複して採択されることはありません。レギュラーセッション(またはショートセッション)とLTは重複して採用される可能性があります。
採択の可否はメールにてご連絡します。
セッションが採択された方には、カンファレンスの参加チケット、懇親会チケット、イベントTシャツ(検討中)を進呈します。
セッションが採択された場合、ご購入された参加チケットはキャンセルが可能です。必ず参加したい!という方は参加チケットを確保ください。
旅費の補助や、講演費などの支給はありません。

【その他留意事項】
会場はLaravel Track(約180名)とPHP Track(約100名)の2トラックを予定しています。
会場のプロジェクタの入力はHDMIまたはVGAです。アスペクト比は16:9です。HDMIを利用しての音の出力も可能です。
ご自身のPCからHDMIまたはVGAに接続するためのアダプタは各自お持ちください。