Laravel JP Conference 2019 トーク一覧

採択 2019/02/16 12:10〜 Laravel Track ランチスポンサー トークセッション

エキテンとLaravelと私

株式会社デザインワン・ジャパン ブライソン イアン
現在マイクロサービス化を進めているエキテン。
マイクロサービスの1コンポーネントに採用したLaravelのことや、
現場にいる新卒の目を通じて、その光と闇について。
採択 2019/02/16 13:50〜 PHP Track ゴールドスポンサー トークセッション

リリース直前にLumenからLaravelに移行した話

株式会社GameWith 田口 航
Lumenは2015年にLaravel5.0をベースに作られたマイクロフレームワークです。
GameWithの新サービスは、開発当初はLumenで開発をしていました。

しかし、独自でDBコネクションを作成し管理していたため、DBスレーブ環境を構築する際に独自でスレーブの処理を実装する必要がでてきました。
そのため、リリース直前でしたがLaravelに移行するのを決心しました。

本セッションではLumenでの開発、Laravelへの移行した事例を紹介します。
採択 2019/02/16 13:00〜 Laravel Track ゴールドスポンサー トークセッション

LaravelでのAPI開発を爆速にするためにやっていること

株式会社SCOUTER 松本 宏太 kotamats
SCOUTERでLaravelでのAPI開発を高速にするためにやっていることを話します。
パッケージ開発や自作OSSをもちいた開発など、
開発フローの効率化をお話させていただきます。
採択 2019/02/16 11:20〜 PHP Track ゴールドスポンサー トークセッション

SimpleとEasyは違う

株式会社クラシコム 廣瀬健 takeru0757
「使い始めるのが簡単 (Easy)」と「開発が進めやすい (Simple)」は別物だという話。laravel-mixやVueを使って感じたこと。
採択 2019/02/16 10:30〜 PHP Track ゲストトーク

フレームワークとの付き合い方

新原 雅司 shin1x1
PHP で Web アプリケーションを開発するのにフレームワークを利用するのは当たり前となっています。
Laravelをはじめとするフレームワークは有用なものですが、
それだけあれば我々が望むアプリケーションができるわけではありません。
アプリケーションを開発、運用していく上で、
より主体的にフレームワークを活用するための付き合い方をご紹介します。
採択 2019/02/16 15:30〜 PHP Track ゲストトーク

抽象化って何?

後藤 秀宣 hidenorigoto
「抽象」という言葉に抵抗を感じるプログラマは多くいると思います。
抽象的=フワっとしていて理解しづらいという抵抗や、
抽象化=プログラムを分かりづらくするという抵抗など。
では、プログラムを書く上で、抽象化は不要なのでしょうか?
この講演では、私達人間にとっての抽象化と、
プログラミングにおける抽象化について掘り下げ、
プログラミングにおいて役立つ抽象化がどのようなものなのかをお話します。
採択 2019/02/16 13:00〜 PHP Track ゲストトーク

Webアプリケーションが今こそ知るべき、RDBMSのパフォーマンスチューニングの勘所 ~ 未踏の速度を目指して~

曽根 壮大 soudai1025
昨今、Webアプリケーションにおいて、速度はとても重要な要素です。
せっかく開発速度はLaravelで超速になったのに、アプリケーションの実行速度はどうですか?
例えばRDBMSが理由でパフォーマンスが劣化したり、チューニングに四苦八苦した経験はありませんか?

- キャッシュを利かせたいけど動的ページで困った
- 夜間の集計batchが終わらない
- 管理画面の特定のページがめちゃめちゃ重い

これはORMのせいでもPHPのせいでもありません。
Laravelに限らず、データの本質と向き合い、より良い設計と設定を行えばRDBMSは答えてくれます。

今回はそんなRDBMSのパフォーマンスチューニングについてお話します。
1
レギュラートーク(30分)

PHPerのためのXP入門

前田 和人 chiroruxxxx
みなさん、アジャイルは好きですか?
アジャイル=スクラムだと思っていませんか?
アジャイルの方法には、エクストリームプログラミングという、プログラマに寄り添ったアジャイル手法が存在します。
どのようにすればキレイなコードを保てるか?
どのようにすればムダを無くせるか?
普段の開発を見直してみませんか?
採択 2019/02/16 10:30〜 Laravel Track レギュラートーク(30分)

ServiceProvider, ServiceContainer入門

前田 和人 chiroruxxxx
Laravel入門者にとって、サービスプロバイダ, サービスコンテナは鬼門です。
これらはDIなどのテクニックが背景にありますが、そもそもDIという概念がとても難しいですよね。
本セッションでは、サービスプロバイダ, サービスコンテナを実例を交えて説明します。
また、実践を踏まえてregisterメソッドとbootメソッドの違いなども解説します。
1
LT(5分)

Laravelerの僕が半年Goで開発した知見を公開する

k-kurikuri k_kurikuri2
Laravel使いだった私はGo言語を始めて1年、業務では半年開発をしています。
Goをどのように学習するのが良いか、Goコミュニティや文化の話、Goのメリット、PHPとの違い、開発時に注意するtips、
Go製ライブラリやなぜMicroserviceで利用される事が多いのか?などを分かりやすくお話します
レギュラートーク(30分)

Moving from Laravel to Hack in Building microservices

ytake ex_takezawa
Laravelを用いることで多種多様なアプリケーションチームが可能ですが、
必ずしも全てのケースで有用というわけではなく、
手軽さが重視されるわけではありません。
マイクロサービスアーキテクチャ実践する上で、
複数の実装パターン、データ処理フロー、サービス分割方法を交えながら
Laravelを使う場合に注意しなければならない点、
課題解決としてHackに置き換える実例と運用方法軸にお話しします。
採択 2019/02/16 16:45〜 Laravel Track LT(5分)

Lighthouseを使って認証必須のGraphQL APIを開発する

柴山健吾 shikeapp0909
LaravelでGraphQLサーバを実装するためのライブラリであるLighthouseを使って、認証必須のGraphQL APIを開発した時の事例を紹介します。
Lighthouseを使用してGraphQL APIを開発する際の認証については、あまり事例や参考になる記事などがなかったため、これを機に自分がどのように実装したかを紹介できればと思います。
レギュラートーク(30分)

Laravel で Alexa スキル作っちゃう?

maki makies
Amazon Echo Spot と、Laravel ベースのChatbotフレームワーク Botman を使って、簡単なAlexaスキルを使ってみたよ、というお話

あとはここにPHPでごにょごにょごにょっていろいろ書いたらいろいろむふふなことができちゃうよね!っていう開発ネタの提供ができたらいいなぁと思っています。
LT(5分)

LaravelでWebChatbotをつくる、Boatman

maki makies
Laravel をベースに作られたChatbotフレームワークのBotmanを紹介します。
slack botとしてだけではなく、WebChatBotとして動く様子もご紹介したいと思います。
LT(5分)

Laravelerに知ってほしいadonis JSの話

たかひろ
普段触っているLaravelですが、実はadonis JSというLaravelによく似たフレームワークがあることをご存知でしょうか。
今回はLaravelerに向けてadonis JSの魅力を知ってもらい、もしバックエンドにも JSを採用するケースがあった場合に活用していただければと思います。
JSはフロントエンド技術としても非常に優秀なのでそちらに興味を持っていただくきっかけにもなればと思います。
採択 2019/02/16 16:40〜 Laravel Track LT(5分)

Laravel Zeroで楽して情報収集する?

maki makies
Laravel からコマンラインツールだけを抜き出したツール、Laravel Zero。
実はduskの魔法を召喚することができます。

いつも書いているブラウザテストのノリで、ログインが必要なWebページから必要なデータを収集して通知するツールを使ったので紹介します。
LT(5分)

Laravelで位置情報動画サービスを作っている話

新垣圭祐 kei4eva4
iOSアプリで位置x動画のSNSサービスを作った際に、Laravelをバックエンドを構築した際の知見を共有します。
MySQLのgeometry型の利用やAws Elastic Transcoder等、個人的に今回始めて導入した技術の話がメインになります。
LT(5分)

Laravelコンテナ環境を自作する

えむにわ m2wasabi
Laradockは重すぎる!
Laravelに最適化した、自分だけの軽量Dockerコンテナを自作しよう!
LT(5分)

Laravelで始めるOSS開発

ichikawa_0829 ichikawa_0829
自身が行ったLaravelコアへのContributionやメールのDriver開発をもとに、LaravelでどのようにOSS開発を進めればいいかを話します。
OSS開発デビューしたい人はもちろん、使いたいサービスのDriverがデフォルトでサポートされていなくて困っている人にも役立つようなトークをしたいと思います。
レギュラートーク(30分)

技術的負債が役満のサービスをLaravelでリプレイスする

岩崎裕馬 suthio_
非常に多くの技術的負債を抱えたサービスをどのようなアプローチで解決していったかを話していきます。
また、その上で今後技術的負債を溜めずらくするためのアプローチについても話していきます。
  • 1 (current)
  • 2
  • 3
採択者
採択者