レギュラートーク(30分)

大きめのLaravelアプリケーション設計について考えてみる Laravel JP Conference 2019

岩崎裕馬 suthio_
LaravelはWebフレームワークとして大きくなりつつも柔軟な設計ができることが魅力の一つになってると考えてます。
ただ、柔軟さが故に他の開発者に設計の意図を伝えづらかったり全体としての設計の統一感がなくなったりすることも
出てきたりすると考えてます。
そこである程度のユースケースに対応した大きめのLaravelアプリケーションの設計および
開発ルールについてもお話できたらと思います。