例外設計について考えて Kotlin(Spring Boot&Arrow)で実践する by 杉本将来

Kotlin Fest 2024
採択
2024/06/22 14:50〜
ホールB
ロング(40分)
Webバックエンド/サーバサイド 中級者

例外設計について考えて Kotlin(Spring Boot&Arrow)で実践する

Msksgm 杉本将来 Msksgm
6

例外設計の深掘りと、Kotlin による自作エラー型を用いた例外設計の実践方法を発表します。
例外は、ほとんどの言語に搭載される機能のため、あまり考慮せずに実装されがちです。結果、コードの保守や障害原因の特定が難しい状況になります。そこで、例外に関心を持ちチームの方針を決めることで、プロダクト開発(開発・運用・障害復旧)の生産性に好影響を与えると考えています。
Kotlin のリッチな機能に加えて Arrow の Either 型により、例外設計を柔軟に表現可能です。Spring Boot も含めた実装方法を実践します。

一連の内容を下記の項目で発表します。
例外設計を考える
・背景
・ビジネス例外と技術的例外
・モデリング
・監視と O11y
Kotlin で実践
・Arrow の Either 型による自作エラー
・Spring Boot に組み込む