採択 2022/11/27 17:00〜 Track C (#jjug_ccc_c) Video:40min + Live:10min

Helidon Reactive vs. Blocking (Nima) JJUG CCC 2022 Fall

Intermediate Java SE Architecture
2
Dmitry Aleksandrov bercut2000

Helidon is a brave, small but powerful opensource framework for writing microservices. And if you need get the maximum performance – making your apps reactive is currently the best way to do it! In this session we will dive deeper and see how to create extremely performant reactive microservices with Helidon “SE” flavour. Since Helidon has its own powerful Reactive Engine, we will learn how to get the most requests served in async operations and Messaging.

But the game changer Project Loom is already here, and Helidon supports it out of the box, we will make a live comparison of what is better – the hard reactive approach, or regular blocking code optimised with Loom! Welcome to the Danger Zone!

機械翻訳:
Helidonは、マイクロサービスを書くための勇敢で小さいが強力なオープンソースフレームワークである。そして、もしあなたが最大のパフォーマンスを得る必要があるなら、アプリをリアクティブにすることは現在それを行うための最良の方法です。このセッションでは、Helidonの「SE」フレーバーを使って、非常にパフォーマンスの高いリアクティブマイクロサービスを作成する方法について、より深く掘り下げて見ていきます。Helidonは独自の強力なReactive Engineを持っているので、非同期処理とメッセージングで最も多くのリクエストを処理する方法を学びます。

しかし、ゲームチェンジャーであるProject Loomはすでに登場し、Helidonはそれを箱から出してサポートしているので、ハードなリアクティブアプローチと、Loomで最適化した通常のブロックコード、どちらが優れているかをライブで比較します。デンジャーゾーンへようこそ