採択 2022/11/27 13:30〜 Track A(#jjug_ccc_a) Sponsor Session (Video:40min + Live:10min)

未来を見据えた CI/CD ~ 10年後も使える ビルド・テスト パイプライン ~ JJUG CCC 2022 Fall

StepUp DevOps Tools Yes (YouTube)
5
PR_CASAREAL 野中 翔太 PR_CASAREAL

今日では、迅速な DevSecOps サイクルを遂行するための CI/CD ツールが数多く存在し、多種多様な選択肢の中からプロダクトに適したツールを自由に選択することができます。

その一方で、エンドユーザのニーズや経営戦略におけるビジネスモデルの変化によって、現状最も適していると思われる選択をしたとしても数年後もベストな選択であるとは限りません。
そのため、プロダクトが成長し続けるためには、継続的な改善を前提とした選択をどのように行うのかが重要になります。

今回は、CI/CD にフォーカスし、パイプラインの移植性を向上させる「Dagger」を紹介します。
Dagger を使用することで、多種多様な CI/CD ツールの選択を阻害することなく、ビルド・テスト・デプロイといった普遍的なフローの再利用が可能になります。

これから CI/CD パイプライン構築をご検討されている皆さま、すでにパイプラインを構築済で継続的な活用をご検討されている皆さま、ぜひご視聴ください。