採択 2021/05/23 10:00〜 Track D 50 min

レガシーなシステムにモダンなAPIを導入した話 JJUG CCC 2021 Spring

1
Koji Kishiura

Presentation Type [Choose either from Standard / BeginnerSpeaker / StepUp]: BeginnerSpeaker
Level [Choose either from Beginner / Intermediate / Advanced]: Intermediate
Categories [Choose either from Java SE / Jakarta EE / Server-side / Cloud / JVM / DevOps / Tools / Others]: DevOps
カンファレンス終了後にJJUG YouTubeチャンネルでセッション動画の公開を希望する / Agree to publish your session to JJUG YouTube channel after conference [Yes or No]: Yes

Abstract:
我々のプロダクトで課題となっていた運用稼働の増大を解決するための一環として、GraphQL の導入を決めました。
しかし、稼働実績の長いプロダクトというのは技術的負債が増えており、新しい技術を導入する際の壁になります。
Spring への GraphQL については、Spring Boot に graphql-spring-boot-starter を利用することで導入ができるのですが、
Spring Boot の一部の機能を制限しているようなシステムには graphql-spring-boot-starter は使用できず、導入事例も少ないため困難を伴いました。
今回私たちのチームでは Spring Boot の自動構成メカニズムを使用していないシステムへの GraphQL を導入を行いましたので、その導入事例についてご紹介したいと思います。

レガシーなシステムに苦労しつつも、少しでもモダンなシステムに近づけたいと考えている方の一助になればと思います。