採択 2021/05/23 12:00〜 Track D スポンサーセッション(※スポンサー用)

あなたの勘と経験は本当に合っていると断言できますか? プロダクション環境での計測のススメ JJUG CCC 2021 Spring

5
orisano 株式会社リクルート シニアアーキテクト 森廣 隆行 / 株式会社リクルート 與那城 有 orisano

Presentation Type [Choose either from Standard / BeginnerSpeaker / StepUp]:Standard
Level [Choose either from Beginner / Intermediate / Advanced]: Intermediate
Categories [Choose at least one from Java SE / Jakarta EE / Server-side / Cloud / JVM / DevOps / Tools / Others]: DevOps
カンファレンス終了後にJJUG YouTubeチャンネルでセッション動画の公開を希望する / Agree to publish your session to JJUG YouTube channel after conference [Yes or No]: Yes

Abstract:
あなたの担当しているサービスで、使われていない機能・コードはどのくらいありますか?
あなたの触っているアプリケーションのボトルネックはどこですか?
これらの問いに即答できるでしょうか。実際我々もこれらの問いには長く答えられずにいました。
結果として、プロダクション環境でのトラブルや、それを防止するために過剰とも言えるレビューを行っていました。
そんな状況を打開すべく、リクルートのHR領域ではプロダクション環境における継続的プロファイリングの取り組みを実施しました。
Google Cloud Profilerといった一般的なプロファイリングツールだけでなく、JaCoCoといった古参のツールの力も借りながらモニタリングを進め、
現在では冒頭に掲げた質問には即答できるようになっています。
このセッションでは、我々が実際に取り組んできたプロファイリングの方法と、その改善としてなにをやってきたかをお話します。
プロダクション環境でのモニタリング導入はもちろんリスクもあり、それに対応するための準備と勇気が必要です。
セッション内では、実施のプロファイリングツールの設定方法から、導入時の考慮点や方法、導入後の改善への動き方など、経験に基づいて詳しくお話したいと思います。
自分たちのプロダクトを文字通り「完全に把握したい」と言う方に参考になるようなセッションにしたいと思っていますので、ご参加お待ちしています!