採択 2021/05/23 14:00〜 Track B スポンサーセッション(※スポンサー用)

Red HatのKafkaとサーバーレスコンピューティングでバッチ処理をニアリアルタイム化しよう JJUG CCC 2021 Spring

3
暮林達也

Presentation Type [Standard]:
Level [ Beginner / Intermediate]:
Categories [Choose at least one from Java SE / Jakarta EE / Server-side / Cloud / JVM / DevOps / Tools / Others]:
カンファレンス終了後にJJUG YouTubeチャンネルでセッション動画の公開を希望する / Agree to publish your session to JJUG YouTube channel after conference [Yes]:
Abstract:

Red HatではApache KafkaをUpstreamとしたAMQ Streamsというプロダクトをサポートしています。
昨今ではApache Kafkaに対してビジネスイベントを集約させ、Single source of truthとして扱うイベントドリブンアプリケーションが流行りはじめており、Red Hat でもバッチ処理をイベント・ドリブンアプリケーションに置き換えて、ニアリアルタイム化しようという活動をしています。

JJUG CCC 2020 Fallでも紹介したQuarkusと、Kafkaをどのように連携すればニアリアルタイム処理ができるのかを、Red Hat OpenShift上のKnativeによるサーバレス環境でのデモを中心としながらお伝えいたします。

またApache Kafkaのマネージドサービスについても簡単に紹介いたします。