医療アプリ開発の最前線 - 安全性と生産性の両立への挑戦 by Shogo Yoshida

iOSDC Japan 2024
採択
2024/08/24 14:30〜
Track A
スポンサーセッション(20分)
スポンサーセッション

医療アプリ開発の最前線 - 安全性と生産性の両立への挑戦

shzero5 Shogo Yoshida shzero5
9

医療アプリの開発においては、患者の安全と利便性の向上が最重要課題となります。一方で、医療制度の変更への迅速な対応や新規機能の実装など、高い生産性も求められます。この2つの要件は相反するものですが、その両立は避けられない課題です。

本セッションでは、メドレーのオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」の開発を通じて、いかにして安全性と生産性の両立に取り組んでいるかをご紹介します。

・診療報酬改定などの制度変更に柔軟に対応できる体制
・組織横断のユーザー体験設計による、使いやすさを重視した機能開発
・SPMマルチモジュール、トランクベース開発など生産性向上の工夫
・MagicPodを活用した自動テスト環境での効率的な品質確保
・法律・ガイドライン・制度対応や社内他部門との連携を含む総合的なアプローチ

医療アプリの開発は技術的側面のみならず、適切な規制対応や組織間調整など様々な課題に直面します。本セッションでは、そうした課題への具体的な取り組みをご紹介しつつ、品質と速度の両立に向けた実践的な知見をお話しします。

医療×テクノロジーの最前線で得られた学びを、皆様の開発にも活かしていただければ幸いです。