クロスプラットフォーム普及増加。SwiftでiOS開発はもうやらないのか....? by 清水 翔貴

iOSDC Japan 2024
採択
2024/08/24 11:25〜
Track A
スポンサーセッション(20分)
スポンサーセッション

クロスプラットフォーム普及増加。SwiftでiOS開発はもうやらないのか....?

__shimisho__ 清水 翔貴 __shimisho__
9

現在、Flutter、React Native、MAUI、Compose Multiplatformなど様々なクロスプラットフォームフレームワークが登場しており、業務での利用も増えているかと思います。
弊社でもFlutterを使用した案件が出てきております。

そのような中で、「Flutter等を使用してiOS・Androidを一緒に開発できるのに、Swiftで開発する必要はあるのか」という疑問を誰しも一度は抱いたことがあるかと思います。
実際、私自身も個人的なアプリ開発では、Flutterなどを使用することが増えました。

そのため、「とりあえず効率が良さそうだから」という理由だけでクロスプラットフォームを選ぶのではなく、しっかりとした理由に基づいて技術選定を行うことで、開発効率を向上させ、質の高いアプリを作れるようになると考えました。

そこで本トークでは、今一度Swiftとクロスプラットフォームでの開発を比較し、それぞれを利用する場面について考えていきたいと思います。