採択 2022/09/11 16:15〜 Track A LT(5分)

バックポートして学ぶ新APIの仕組み iOSDC Japan 2022

yutailang0119 Yutaro Muta yutailang0119

Appleプラットフォームのアップデートは、一部を除き、最新OSのみに提供されます。
せっかく待望の新機能が登場しても、サポートOSポリシーによっては、使えるのは数年後...
ならば、自分で作って、来たる日に備えましょう。
実現する上での難易度は高いものかもしれませんが、多くは既存の仕組みを組み合わせることで、ソフトウェアとして解決できるはずです。
自分でバックポート実装を作ってみれば、新API、その周辺の仕組みについて熟知することができます。

このトークでは、2021年に登場したSwiftUI.AsyncImageを、すべてのSwiftUI環境にバックポートした経験を題材に、知見を話します。

  • 新APIの調べ方
  • バックポート実装のTips
  • メンテナンスする上での難点