採択 2022/09/12 16:00〜 Track A LT(5分)

サポートiOSバージョンを定期的にあげる仕組みづくり iOSDC Japan 2022

FromAtom FromAtom FromAtom

サポートOSバージョン、どんどんあげていきたいですよね?
しかし、サポートバージョンを減らすとユーザーも減るため、プロダクトオーナーに渋られることもよくあります。

加えて、開発の現場では「サポートOSバージョンあげたいけど、結構気合で解決できるし……」というエンジニアと、
「エンジニアから要望も来ないから、あげなくてもいいか」というプロダクトオーナーという、お見合い状態になることもあります。
実はサポートOSバージョンをあげてもよさそうなのに、キッカケがない……そんなことはありませんか?

このトークではこういった課題を解決するため、
・アクティブユーザーのOSバージョン割合で判断するのは悪手!?本当に見るべき指標
・定期的にサポートOSバージョンアップを検討できるキッカケの仕組み
について話します。

このトークが皆さんのアプリのサポートOSバージョンアップにつながると嬉しいです。