採択 2022/09/12 14:30〜 Track C レギュラートーク(20分)

watchOSにおけるバックグラウンドタスクの限界 iOSDC Japan 2022

_yamannnu yamannnu _yamannnu

Appleが提供している中で最もバックグラウンドタスクが重要なプラットフォーム、それがwatchOSです。
操作は両腕を上げる必要があるので短時間で済ませたいですし、ワークアウトのような長時間のタスクはそもそも待っていられません。

そんなwatchOSのバックグラウンドタスクは2016年に開発者へ解禁されて早6年、日々進歩してきました。
watchOS 9でも新しい機能が追加されるようで、更なる進化が期待できます。

本セッションでは以下のテーマについてお話しすることで、今のwatchOSアプリでどこまで出来るのかを理解する手助けになればと思います。

  • バックグラウンドでできること、できないこと
  • 端末の世代やバッテリー残量などの環境によって受ける影響
  • どのようにバックグラウンドタスクを設計すべきか
  • watchOS 9から追加される新機能