採択 原稿(8ページ)

Webブラウザで動くSwift Playgroundを作ろう iOSDC Japan 2021

19
k_katsumi 岸川克己 k_katsumi

Playgroundはプログラミング言語を学ぶ上で非常に役に立つツールです。SwiftはXcodeとiPad・Macアプリとして動くとても高品質なPlaygroundを提供しています。公式のSwift Playgroundsはプログラムをインタラクティブに実行し、結果を途中経過も含めてわかりやすく表示してくれます。

Swift以外の言語に目を向けると、最近のプログラミング言語はどれもPlaygroundのような仕組みを提供しています。しかもほとんどのプログラミング言語にはWebで動作するPlaygroundが提供されています。

Webで動くPlaygroundはさらに強力です。Xcodeやアプリをダウンロードすることなく使え、頭に浮かんだことをiPhoneでサッと書いて実行することもできます。書いたコードを共有したりそれを元にディスカッションすることもより簡単にできます。たいていのWebのPlaygroundは「埋め込み機能」があるので、”実際に実行できるサンプルコード”を埋め込んだドキュメントを作ることもできます。

残念ながらSwiftには公式のWeb Playgroundは提供されていません。しかしサーバーサイドSwiftとWebプログラミングの技術を使って自分でSwiftのWeb Playgroundを作れます!

こちらは私が作成したSwiftのWeb Playgroundです。
https://swiftfiddle.com/

私はこのSwift Playgroundを作成してWebプログラミングやサーバーサイドのテクノロジーについて非常に多くのことを学びました。
本稿ではブラウザで動くコードエディタ、UIの作り方、SwiftによるWebプログラミング、仮想化によるサンドボックス化など私が得たさまざまな知見をお伝えします。