LT(5分)

ビジネスロジックのサイズ肥大化を回避する方法について考える iOSDC Japan 2021

1
Byungjun Park

タクシー配車アプリ「GO」の開発現場は常に複数のビジネス要件による開発案件・リファクタリングタスク・改修タスクが動いてます。
JapanaTaxi X Mov = GOになり、より複雑な要件が加わりビジネスロジックのサイズは爆発寸前です。
GOチームでは各機能単位のコードサイズを抑制するため効率的なアーキテクチャを導入し細かく分けたコンポーネント間でコミュニケーションをさせながら明確なデータのスコープ・伝達方法によりside-effectを抑制しています。