LT(5分)

空間オーディオが今より少し広まった未来の夢 iOSDC Japan 2021

1
Ridwy なめき ちはる Ridwy

サラウンド・・・その、あたかもその場にいるかのような臨場感ある音場に包まれた人は、誰しもがオッ!となります。しかし、それでサラウンドシステムを購入して家に設置する人はごく稀です。設置場所の確保も、値段も、音の調整(重要!)も、大変すぎるからです。さらに言えばコンテンツ作成側も大変です。

しかもサラウンドの強みは臨場感。音に対して並々ならぬ情熱をもつ領域といえば音楽ですが、ホールやスタジオで音楽を聴く体験の再現はステレオの方が適していることがほとんど。今のところサラウンドが活躍している場所は少なく、映画のここぞというシーンか、あるいはちょっと実験的に使われるに止まってしまっているように思います。

しかし、これがもし、簡単に環境が手に入ったら?

バーチャルだけれど、みんなで一緒にいるかのような臨場感ある体験を共有できるとしたら?

しかも、それが流行っちゃったら?

サラウンド、ついに来るか・・・!?

WWDC21で発表されたFaceTimeの空間オーディオ対応はそんな妄想を描き立たせてくれるものでした。
一緒に空間オーディオという技術と向き合い、様々な可能性を検証し、ユースケースに思いを馳せてみませんか?面白い機能やアイディアが浮かんでくるかも知れませんよ!