採択 2021/09/19 11:30〜 Track C レギュラートーク(40分)

作ってわかる!LiDARによるカメラの暗所オートフォーカス機能 iOSDC Japan 2021

tama_Ud marica tama_Ud

iPhone 12 Pro 以降に搭載されたLiDARスキャナにより、
ARだけでなく、カメラのオートフォーカス(以下AF)性能が飛躍的に向上しています。

特に、画像から距離情報を取り出すタイプのAFが苦手とする
暗所での撮影において、非常に高速なAFが実現されています。

この講演では、LiDARスキャナを利用したシンプルなAFと、
対象物の背景にぼかしを作る機能を盛り込んだカメラアプリを作成し、コードを中心に解説します。

AF自体はiOSに標準搭載されていますが、自分で作ってみることでAFとLiDARの理解を深めることができます。

この講演では、以下のトピックを中心にお話しします。
・各AF方式の簡単な説明
・暗所での性能比較 (iPhone12 Pro / iPhone11)
・LiDARによるオートフォーカス機能の実装方法
・背景ぼかし機能の実装方法
・動画によるデモ
・実装が困難だったところとその解決方法の提案