採択 2021/09/19 14:50〜 Track C レギュラートーク(40分)

Swift Package中心のプロジェクト構成とその実践 iOSDC Japan 2021

d_date Daiki Matsudate d_date

Swift Package Manager(以下Swift PM)はXcodeに統合された公式のパッケージマネージャーです。
CocoaPodsやCarthageのように、他の方が作ったライブラリを導入・管理することができます。

しかし、Swift PMが管轄するのはライブラリに留まりません。
Xcodeと組み合わせることにより、アプリのプロジェクト構成を柔軟に変更することができます。
特別なツールを利用することはありません。これまで開発者を苦しめていたXcodeプロジェクトファイルのコンフリクトを解消するだけでなく、
マルチモジュールにおけるFrameworkの参照やリンクといった、手動で設定するには面倒な項目も簡単にセットアップできます。

このトークでは、まず、Swift PMをまだ利用したことがない方に向けてSwift PMの基本的な事柄をお話しし、Swift PMでのライブラリ管理をお手元のプロジェクトで利用できるようにします。
次に、Swift PMをアプリ開発のプロジェクトに導入することで、Assetsやローカライズファイルを含むほとんどのソースコードの管理をSwift Packageに移管する方法をお話しし、Xcode Projectの責務を軽くします。
そうして身軽になったXcode Projectを、今度は複数作ってみて、マルチプロジェクト・マルチモジュールな構成を実現します。
この構成により得られる素敵な特典と移行のやり方についてもお話しし、明日からみなさんのプロジェクト構成をアップデートしてもらうことを目指します。