採択 2020/09/20 14:40〜 Track B レギュラートーク(40分)

GitHub ActionsでiOSアプリをCIする個人的ベストプラクティス iOSDC Japan 2020

the_uhooi uhooi the_uhooi
みなさん、iOSアプリ開発でCIを行っていますか?
なかなかCI環境を構築する時間が取れず、行っていない人も多いと思います。

でもご安心ください!
iOSアプリのCI環境は、どのような規模や種類のアプリでもだいたい同じです。
一度構築すれば他でも使い回せます。

本トークではFastlaneやCIサービス独自の機能をできる限り使わず、スクリプトベースでCI環境を構築する方法を紹介します。
そのため、どのようなCIサービスを使っていても取り入れやすいです。

【アジェンダ】
・CIの概要とメリット
・ライブラリのセットアップ・ビルド・単体テストを実行するスクリプトの作成(Makefile)
・ビルド・単体テストを実行するCIの構築
・★キャッシュを使ってCIの実行時間を短縮する
・★静的解析(SwiftLint)を実行するCIの構築
「★」はGitHub Actions独自の機能を使う

【想定する聞き手】
・iOSアプリ開発でCIしたことがない人
・CI環境の構築に苦戦している人

【ゴール】
・CIしたくなる
・CIの意味とメリットがわかる
・GitHub ActionsでiOSアプリをCIできる
・CIサービスにかかわらずiOSアプリをCIできる

【使っているツール・ライブラリ】
本トークでは以下のツールやライブラリを使います。
使っていなくても応用できるように説明しますが、知っているとトークを理解しやすいです。
・Mint
・Bundler
・Carthage
・CocoaPods
・XcodeGen
・SwiftLint
・xcpretty

本トークを聞いて、実際にCI環境を構築してくださると嬉しいです!
2019 スポンサー 2019〆切後 資料請求
オンライン対応未決定 削除予定 オンライン対応検討中 要ロゴ 要PR 要支払 パンフ未確認
仮採択 採択しない スピーカー採択 ニッチ重複 チケット発券確認 原稿 スポンサー LT
仮採択(原稿) 採択済 採択しない 仮採択 要審議 ニッチ企画? LT向き加点 日程調整中 原稿 スポンサー