レギュラートーク(20分)

自動テストの成果物をより活用して継続的に改善できるようにする iOSDC Japan 2020

4
tarappo 平田 敏之 tarappo
自動テストの成果物をどこまで利用していますか。
CI/CDサービスを通して、自動テストの成否をSlackなどを通してフィードバックするといったことはよくやっているかと思います。

自動テストがあるのであれば、その成果物をより活用するにこしたことはありません。


自動テストで得られる成果物としては、Xcode 11からResult Bundlesという形でまとめられました。
この成果物を活用することによりテストの成否だけでなく、テストログやテスト時に添付した画像やログなど、より細かい情報をフィードバックできるようになります。

また、プロダクトコードの状態をGitHub API(Commit Status APIやChecks APIなど)や外部サービスを利用することで継続的に収集し、その収集した情報を利用することができます。



これらの情報を活用することで、開発者だけでなく、プロダクトに関係するメンバーにも定期的にフィードバックすることで、それぞれのメンバーが知りたい現状のプロダクトの状態がわかるようになります。


本トークでは、継続的にこれらの自動テストの成果物をどのように収集し、活用できるように整えたか。
そして、実際のプロジェクトのフローの中で「(主に)だれにたいして」「どのような情報を」フィードバックしたか、そしてその結果としてどのように継続的な改善活動に繋がったかについて話していきます。
2019 スポンサー 2019〆切後 資料請求
オンライン対応未決定 削除予定 オンライン対応検討中 要ロゴ 要PR 要支払
仮採択 採択しない スピーカー採択
仮採択(原稿) 採択済 採択しない 仮採択 要審議 ニッチ企画? LT向き加点