採択 原稿(8ページ)

UIColletionViewCompositionalLayoutによるカスタムレイアウトの実装例 iOSDC Japan 2020

15
k_katsumi Kishikawa Katsumi k_katsumi
UICollectionViewCompositionalLayoutはiOS 13から新しく導入されたAPIです。このAPIを使うと、AppStoreアプリや写真アプリのような、異なる大きさのセルが混在したり縦スクロールの途中に横スクロールが出現するような、iOS 12以前では1つのセルに複雑なサブビューを配置したり、セルの上に別のコレクションビューを組み合わせたりということが必要だった非常に難しいUIが簡単に作れるようになります。

実際に昨年のWWDCでAppleは、AppStoreアプリのUIをこのAPIを利用して書き直すことでかなりの量のコードを削減し、シンプルでメンテナンスしやすい実装にできたと話しています。

私はこのAPIが出てきたことにより、ほとんどのUIはコレクションビューで作ればよいと考えるほどに、すばらしく柔軟で拡張性のあるレイアウトシステムだと考えています。

しかし非常にシンプルで強力というAPIなので、1つのレイアウトを複数の方法で記述できますが、まだまだ情報が少ないためより良い書き方はどれかということがわからないこともあります。
さまざまなUIをシンプルに記述することができますが、不可能なことやこのAPIを使わない別のやり方の方が望ましいケースももちろんあります。

今どきのアプリで実際に使われている複雑なレイアウトを例にこのAPIを使って実装し、ベストプラクティスや逆にあまり向いていないケースはどういうことがあるか、などについて解説します。
UIColletionViewCompositionalLayoutを使用すべきときとそうでないとき、使用する場合のレイアウトごとのより良い実装をサンプルコードを通じて学びましょう。
2019 スポンサー 2019〆切後 資料請求
オンライン対応未決定 削除予定 オンライン対応検討中 要ロゴ 要PR 要支払 パンフ未確認
仮採択 採択しない スピーカー採択 ニッチ重複 チケット発券確認 原稿 スポンサー LT
仮採択(原稿) 採択済 採択しない 仮採択 要審議 ニッチ企画? LT向き加点 日程調整中 原稿 スポンサー