採択 2020/09/21 14:40〜 Track B レギュラートーク(40分)

SwiftUI時代の Functional iOS Architecture iOSDC Japan 2020

inamiy 稲見 泰宏 inamiy
この発表は、2016年のiOSDCで登壇した「Reactive State Machine」の続編です。
https://speakerdeck.com/inamiy/reactive-state-machine-japanese

前回お話しした Redux / Elm Architecture について簡単におさらいした後、
Swiftコミュニティが新たに開発した各種フレームワークについて紹介します。

- https://github.com/inamiy/Harvest
- https://github.com/pointfreeco/swift-composable-architecture
- https://github.com/bow-swift/bow-arch

これらのアーキテクチャを理解する上で重要な鍵となるのが「Optics」と「Comonad」です。
関数型プログラミング(とちょっとだけ圏論)の知見が、
iOSに限らずフロントエンド開発全般でどのように役立つのかを見ていきます。

また、これらの概念が Web (React) の世界でどのような類似点を持つのかについても、
合わせて比較検討を行います。
2019 スポンサー 2019〆切後 資料請求
オンライン対応未決定 削除予定 オンライン対応検討中 要ロゴ 要PR 要支払 パンフ未確認
仮採択 採択しない スピーカー採択 ニッチ重複 チケット発券確認 原稿 スポンサー LT
仮採択(原稿) 採択済 採択しない 仮採択 要審議 ニッチ企画? LT向き加点 日程調整中 原稿 スポンサー