LT(5分)

静的解析ツールを使ってプログラミング言語を効率よくキャッチアップしよう! iOSDC Japan 2020

3
the_uhooi uhooi the_uhooi

静的解析[せいてきかいせき]
意味: コードを実行せずに解析すること

プログラマーウホーイ曰く
「未経験の言語を最も効率よく学ぶ方法は、静的解析ツールを導入することである」


みなさんは静的解析ツールを導入していますか?
導入している人は、どのような目的で使っていますか?

「コードを自動できれいにするため」
△間違いではありませんが、毎回自動で修正されると、いつまで経っても正しい文法を覚えません。
(不要なスペースの削除など、自動で行ったほうが効率いいこともあります)

「その言語の文法を覚えるため」
◎静的解析ツールに怒られることで、その言語の正しい文法が強制的に身につきます。

未経験の言語を扱う際にまず行うことは、静的解析ツールの導入、および使い方とルールを覚えることだと私は考えています。
もっというと、導入しなくてもルールを読み込むだけでその言語の勉強になります。

※本トークではSwiftの静的解析ツールである「SwiftLint」を使って説明します。
しかし、それ以外の静的解析ツールやプログラミング言語にも適用できる内容になっています。

【アジェンダ】
・静的解析ツール導入のメリットと目的
・まずはデフォルトの設定でIDEに怒られよう
・次にルールを読み込んで設定ファイルを作ろう
・●既存プロジェクトへ導入する際の注意点
・●CIに組み込むメリット
●は時間があれば話します

まだ静的解析ツールを導入していない人も、この機会に導入してルールを読み込み、プログラミング言語を効率よくキャッチアップしましょう!