採択 レギュラートーク(30分)

BLEでiOS/Android間でそこそこ大きなサイズのデータ通信を実現する (L2CAPもあるよ) iOSDC Japan 2019

日向強 coffeegyunyu
みなさん、iOSやAndroidなど、端末同士のデータ交換にはどのような方法を使っていますか?
ログインや登録を必要としない、パケット代もかからない、モバイルデバイスで広く採用されている、OSを問わない、
そんな理由でBluetoothを採用しようとした人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、いざ採用したとしても、一度に少量しかデータを送れない、機種によって安定しない、データを正しく受け取れない…
そんな経験から、BLEの採用を見送った方も多いのではないのでしょうか。

そんなBLEですが、
iOS、Androidの各OSで内部的に行われている処理を読み解くと、
データを送るための処理を最適化するための道筋が見えてきます。

このトークでは、BLEの処理に対して各OSで何が行われているのか?何ができるのか?
その上で最適なデータ通信を行うためには何をすればいいのか?を語りたいと思います。

また、iOS11より、通常のBLE通信とはまた違った選択肢「L2CAP」でのデータ通信が行えるようになりました。
こちらの方式はほぼ公式ドキュメントが存在しない状況ですが、Android Qにも採用される予定の技術であり、
そちらも合わせて語りたいと思います。
4
iosdc-japan-2018 sponsors iosdc-japan-2018 potential-sponsors 開催後請求
ブースWL 要支払確認 要モノクロロゴ
仮採択 採択しない Rookie
仮採択 採択済 保留 情熱加点 採択しない