採択 2019/09/07 13:30〜 Track D レギュラートーク(30分)

今こそwatchOS iOSDC Japan 2019

堤 修一 shu223
Apple Watchが登場し、WatchKitフレームワークが発表された当時は各社こぞって対応アプリ(実態はApp Extension)をリリースしたものでした。しかしApple Watchのデバイスとしての性能はとても貧弱でできることは非常に限られており、また開発環境は著しく不安定だったこともあり、watchOS 2の頃には開発者の間でのwatchOSアプリ開発ブームは去っていきました。

しかしそれから数年経ち、Apple Watchの性能は大きく向上し、watchOS 6ではついにIndependent Appも作れるようになりました。多くの機能(フレームワーク)がApple Watch側で動作することになり、「こんなアプリがウォッチ上で動いたらいいな」というアイデアの実現可能性は昔とは比べるべくもないほどに上がっています。

本トークでは、Apple Watch / watchOSリリース当初はできなかったが今ではできるようになったことを中心に、「watchOSアプリ開発の今」についてお話しします。
iosdc-japan-2018 sponsors iosdc-japan-2018 potential-sponsors 開催後請求
ブースWL 要支払確認 要モノクロロゴ
仮採択 採択しない Rookie
仮採択 採択済 保留 情熱加点 採択しない 前夜祭 目玉 ルーキーズLT参加
Order#確認 アンケートメール不要