採択 2019/09/07 10:30〜 Track A レギュラートーク(30分)

テストケースで Ambiguous Layout を発見する iOSDC Japan 2019

tarunon tarunon
我々の開発において「アプリケーションのパフォーマンス」というものは非常に重要であるにも関わらず、優先順位は常に最下位に位置づけられがちです。顧客の体験を最も確実に向上させる手段の一つが、パフォーマンスの改善なのですが、我々は常に新規機能を開発しています。
メモリリークやAutolayoutのエラーというものは一度発生すると永劫そこに留まり、アプリケーションのパフォーマンスを蝕んでいきます。
どのようにこれらを防ぐのでしょうか。コードレビューで発見できるでしょうか。或いは発生したそれを修正するための時間を確保出来るでしょうか。
これらの問題は、コンパイラでは発見出来ません。コンパイラで発見できないものを防ぐ最も賢い手段の一つは、テストケースを書くことです。コードレビューではありません。それでは世界は救えません。

メモリリークに関しては"try! swift 2019"で伝説の失敗に終わった私のデモとともに追放されました。(されたはずです)
今回は最高峰の黒魔術を以て、我々の世界からAmbiguous Layoutを駆逐します。ご期待下さい。
iosdc-japan-2018 sponsors iosdc-japan-2018 potential-sponsors 開催後請求
ブースWL 要支払確認 要モノクロロゴ
仮採択 採択しない Rookie
仮採択 採択済 保留 情熱加点 採択しない 前夜祭 目玉 ルーキーズLT参加
Order#確認 アンケートメール不要