iOSDC Japan 2018 を盛り上げるトークの募集を開始しました!

iOSDC Japan 2018 は、iOSアプリなどiOS周辺技術に関わるエンジニア(iOSエンジニア)が、技術的なノウハウを共有するためのイベントです。

公式サイト: https://iosdc.jp/2018/

トークのテーマは必ずしもiOS関連の話である必要はありません。iOSエンジニアが聞いて面白ければ何でもアリです!
iOSアプリ開発やライブラリ開発といった王道テーマから、言語そのものの実装、ハードウェア、ネットワーク、サーバサイド実装など、iOSエンジニアが聞いて楽しい、iOSエンジニアに聞かせたいネタをご応募ください!

iOSDC Japan 2018 では、あなたならではの経験や、愛と情熱の込められたトークを歓迎します。
あなたのとっておきの「アツいトーク」を聞かせてください。

【募集要項】

  • 公募期間: 2018/6/12(月)~ 2018/06/25(月)12:00

  • 1セッションは3種類の時間で募集します。

    • レギュラートーク 30分+質疑応答10分
    • レギュラートーク 15分+質疑応答5分
    • LT 5分
  • LTは5分でドラを鳴らし、終了します。
  • トークは日本語でも英語でも応募可能です。英語の場合、翻訳は付きません。あらかじめご了承ください。
  • 1人で複数応募も可能…いや、歓迎…推奨です。テーマ違いはもちろん、同じテーマでも時間が異なるものや、対象とする参加者の異なるものなど、どんどんご応募ください。
  • 複数応募された場合、レギュラートークは原則として重複して採択されることはありません。レギュラートークとLTは重複して採用される可能性があります。
  • 採択の可否は7月中旬までにその結果にかかわらずメールにてご連絡します。
  • トークが採択された方には、カンファレンスの参加チケット、懇親会チケット、スピーカーTシャツを進呈します。
  • 参加チケットはトーク採択時はキャンセルが可能です。必ず参加したい!という方は参加チケットを確保ください。
  • 旅費の補助や、講演費などの支給はありません。

【その他留意事項】

  • 会場はTrack A, B(約300名)とTrack C, D(約100名)の4トラックを予定しています。
  • 会場のプロジェクタの入力はHDMIまたはVGAです。アスペクト比は16:9です。HDMIを利用しての音の出力も可能です。
  • ご自身のPCからVGAに接続するためのアダプタは各自お持ちください。