PHPerKaigi 2019 トーク一覧

採択 2019/03/29 17:55〜 Track B レギュラートーク 30分

PHPでJVMに入門する

めもりー m3m0r7
Java Virtual Machine Specificationを読み解きながら、PHPでJavaのバイトコードを解釈し実際にJVMがどのようにして動いているのかを感じてもらいつつ、30億のデバイスで走るJavaの気持ちになれるようなトークをします。
PHPでJavaを動かすことによってPHPもまた、30億のデバイスで走る言語の一つとなります。
2
レギュラートーク 15分

VAddyしくじり先生

市川 cakephper
クラウド型のWeb脆弱性検査ツール VAddyを開発しています。
SaaSを4年間開発、運用してきた中でたくさんの失敗をしてきました。
今回は価格設定やサービス設計など、ビジネス上の失敗を元に何が間違ってどう動いてきたのか、その中で起こる技術的な課題をお話します。
1
LT

HelloWorld出すのに3ヶ月、魅惑のファミコンエミュレータワールド

市川 cakephper
この数ヶ月、Rust版、PHP版ファミコンエミュレータを読み、Go言語に移植しています。
そもそも2019年にもなって何でファコミンエミュレータなのか、何が楽しいのか、魅惑のエミュレータワールドを通して体験できたコンピュータの世界をご紹介。
1
採択 2019/03/30 16:15〜 Track A レギュラートーク 15分

ゼロから始める自作ファミコンエミュレータ生活

市川 cakephper
この数ヶ月、Rust版、PHP版ファミコンエミュレータを読み、Go言語に移植しています。
PHP版を元に、PHPでどのようにファミコンエミュレータを実装しているのか、Goで再実装した時に見えた違いなどを解説。
そもそも2019年にもなって何でファコミンエミュレータなのか、何が楽しいのか、魅惑のエミュレータワールドを通して体験できたコンピュータの世界をご紹介。
4
レギュラートーク 30分

PHPerに贈るコンテナ入門

Tsukagoshi Keisuke ktsukago
マイクロサービスやCI/CDの実現を目的として検討されることが多いコンテナ技術ですが、本セッションではコンテナを使ったことがない方、またはほとんど知らない方向けに、コンテナそのものの概要に加え、アプリケーション開発者がコンテナを活用することによるメリットや実際の利用についてデモを交えてご紹介します。
レギュラートーク 30分

PHPエンジニアに知ってほしい AWS 入門

Tsukagoshi Keisuke ktsukago
いまどきの PHPエンジニアに知ってほしい AWS についての情報をまとめてお届けします!そもそもクラウドとは?といった基本的なところを押さえた上で、あなたの PHPアプリを一味違うものにするための各種サービスを紹介します。
レギュラートーク 30分

イベント駆動ストリーム処理入門

Tsukagoshi Keisuke ktsukago
世の中すべてのシステムからポーリング処理を消し去りたい。そんな想いを持った人は少なくないはずです。本セッションでは、Event Sourcing/CQRS といったキーワードを中心にイベント・ドリブンなシステムを実現する上で押さえておくべき概念と、それらと切り離すことのできない結果整合性という考え方について説明します。また、セッション後半では実際に AWS の各種サービスを用いてこれらの概念を実装する方法を紹介します。
1
レギュラートーク 30分

New paradigm for API, introduction to GraphQL

Tsukagoshi Keisuke ktsukago
最近さまざまな開発コミュニティで「 GraphQL vs REST 」という形で紹介されており、Rest APIの次のパラダイムとして注目されている GraphQL 。AWS AppSync というマネージドサービスを利用することで簡単に GraphQL を使い始めることが可能になります。 スキーマをベースにした設計、Query / Mutation / Subscription のシンプルな利用、クライアントからのレスポンス形式の指定などの特徴があり、チャットアプリのようなリアルタイムアプリケーションを作成するのに非常に力を発揮します。 本セッションは GraphQL 入門セッションという立ち位置で、 GraphQL やそれを簡単に使うための AWS AppSync の使い方を紹介させていただきます。
レギュラートーク 30分

CI/CD for Containerized PHP apps

Tsukagoshi Keisuke ktsukago
CI/CD 、コンテナという技術はDevOpsにおいて重要なプラクティスの一つとなっております。
このセッションではコンテナや CI/CD がなぜ重要なのかについて解説していきます。また、具体的にどのようにコンテナ環境でCI/CD を実現していくか、その環境にPHP Appsをデプロイしていくかを紹介させていただきます。
レギュラートーク 30分

GitHub issues を使ったプロジェクトマネジメント入門

ショウノシオリ shosho_egg
みなさんは GitHub issues を使っていますか?
世の中にタスク管理ツールはあるけれど、結局(GitHubを使ったことのある)エンジニアにとって一番使いやすいのは GitHub issues なのではないのかと個人的には思っています。

このトークでは
- GitHub issues の基本的な使い方から便利な機能
- 伝わる issue の書き方
- GitHub issues を使ったプロジェクトの進め方
- etc
といったことについてお話します。

「一番便利なのはGitHub issuesではないか」とはいったものの、一番伝えたいのは「プロジェクトの進捗を見える化し、ちゃんと管理していくことはとても大事だよね」ということなので、他のタスク管理ツールを使う方にも参考になるような内容のトークとなるかと思います!
レギュラートーク 30分

5 ways to run your PHP app on AWS

Tsukagoshi Keisuke ktsukago
PHPのアプリケーションをどのような環境で動作させているでしょうか?PHP アプリケーションを開発しておわりということはなく、どこかしらの環境にデプロイし安定したアプリケーションを提供しつづけることはどんな環境でも同じです。AWS では PHP アプリケーションを動作させる様々な環境があります。EC2 / Fargate / ECS/ Lambdaなどなど。このセッションは よくあるAWS を使ったPHP アプリケーション構築パターンを紹介し、それぞれのメリットデメリットなどを紹介していきます。このセッションを受けることで、簡単に運用の手間を極力なくした形でのPHPアプリケーションの運用が可能になります。
採択 2019/03/30 11:25〜 Track B レギュラートーク 30分

PHPゆるふわCI入門

うさみけんた tadsan
PHPアプリケーションを持続的にメンテナンスし成長させるためには人手によるテストには限界があり、機械的な自動検査をすることが有効です。テスト機能を提供するフレームワークを利用していないコードベースであってもテスト可能にするための基本的な考えかたについて業務での事例を交えて紹介します。PHPUnitなどを使ったユニットテストの導入やPHPStan・Phanを使った静的解析、プロジェクト固有のローカルルールを検査するための正規表現ベースのチェッカーなどを扱います。
8
レギュラートーク 30分

Webをセキュアに保つHTTPS

ariaki ariaki4dev
多くのWebサイトが急速にHTTPS化し、現在日本では70%以上の通信がHTTPSに対応していると言われています。
しかし、安易に設定しただけではセキュアな状態とは言えません。
このセッションでは、HTTPSの歴史を振り返りながら、どのようにすればセキュアになるのかを解説したいと思います。
レギュラートーク 30分

Hack Attributesの全て

ytake ex_takezawa
Hackにはアノテーションとして作用させることができるAttributesという機能が提供されています。
デフォルトではメモ化を表すものや、PHPにはないクラス継承を制限するsealedを付与するものなどがあります。
これはクラスやメソッドはもちろん、引数に対して利用することもできPHPとは全く異なるアプローチが可能で、
独自のアノテーションを実装することもでき、開発時に多用することも少なくありません。
PHPと異なるランタイムと言語機能を持つHackのAttributesに焦点を当てて、
アプリケーションで実践するAttributes活用方法と、マニュアルにはないAttributesを紹介します。
1
ルーキーズLT

ブリッジSEの副業をしてみた話

tama_camp tama_camp
営業会社(エンジニアが0人)がサービス開発をはじめたがオフショア開発企業との間にトラブルが続出して炎上していた案件をブリッジSEとしてサポートしてみた話。土日を中心に週一で手伝ってみて感じたITリテラシーが低い会社とやり取りするときの注意点を共有します。
レギュラートーク 15分

Progate で 勉強しました!的な 新人スタッフを 現場で1人月に昇華するまでの道のり

後藤知宏 _mikakane
未経験スタッフやスクール卒で、 FizzBuzz もかけない…みたいなスタッフを
業務で活躍できるレベルまで持っていくために必要なものはなにか、みたいなお話をします。

技術知識と業務知識は違うよ、みたいなお話とか、社内教育のプロセスについてなど
レギュラートーク 15分

レガシー組織でlaravel使ってdddしてみた話

tama_camp tama_camp
普段の弊社はレガシーな環境で開発をしている。web系の企業なのにサーバーは未だオンプレだし、phpのバージョンをあげるにも四苦八苦しているし、slackを使い始めたのもつい半年前だし、フレームワークは使っていない。そんな弊社は社員が40人程度しかいないのにコミュニケーションエラーが多く、営業からのリクエストも開発側では聞いてないなど不毛な議論をしている。なのでDDDを導入して営業側もドメインマスターとして開発に関わってもらう体制に変更中。この体制変更を営業に理解してもらう上で躓くところ、こう話すと理解してもらいやすいよといったTIPSになります。
採択 2019/03/30 10:40〜 Track B レギュラートーク 30分

フレームワークを作りながらLaravelのアーキテクチャを学ぶ

endu Fendo181
PHP界隈で最も普及したフルスタックフレームワークであるLaravel。
便利なフレームワークが持つ豊富な機能に”甘い”魅力を感じる一方で「なぜLaravelではファサードパターンを採用しているのか?」、「なぜEloquent を採用しているのか?」と言った疑問を考えた事はあるでしょうか?
「“How” ages faster than “Why”(手段は本質よりも早く廃れる)」と言う言葉があるように、Laravelでのメソッドの呼び出し方は他のPHPのFWでは通用しませんし、他の言語でも意味をなさないもしれません。しかし、Laravelで採用されている技術やアーキテクチャは言語の壁を超えて流用ができると考えています。

この発表では0からフレームワークを作りながらLaravelで採用されているアーキテクチャが「なぜ良いのか?」っと言った視点で発表をしたいと思います。
4
レギュラートーク 15分

PHPerとして取り組むすべてのユーザーのためのWebアクセシビリティ

古賀詩織 shiori_pk
Webアクセシビリティに取り組むのはディレクター?デザイナー?フロントエンドエンジニア?
いえ、私たちPHPerもしっかりと取り組んで行かなければなりません。

アクセシビリティと聞くと障がい者向けの取り組みかと思われますが、一概にそうとは言えないでしょう。
もしかすると、あなたが作っているWebサイトは身近な誰かがアクセス出来ないかもしれません。

今回のトークではAPI設計の際に考えるべきWebアクセシビリティについて話します。
PHPerだからWebアクセシビリティについて考えるのは関係ないとは言わせません!
4
レギュラートーク 15分

心理的安全性デザインパターンとアンチパターン

星 永亮 inase17000
最近なにかと話題の「心理的安全性」ですが、私が過去に10以上の本や記事をインプットした結果で、できるだけわかりやすくイメージがつきやすいように説明します!
・心理的安全性とは(一般的な定義と、間違った定義を解説!)
・心理的安全性は誰のもの?(心理的安全性を作り出す人は誰なのか、誰であるべきなのかを解説!)
・心理的安全性の高め方3選、壊し方3選(実例含めて、デザインパターンとアンチパターンを紹介!)
・明日からできる心理的安全性確保活動
15分を目一杯使って、「心理的安全性」のことだけひたすら話し、考える時間にしようと思います。
7
オーガニック 申込済 2018スポンサー 2018資料請求
採択 非採択 ルーキー
仮採択 別で採択済 長さ違いアリ 非採択 前夜祭
オーガニック 申込済 2018スポンサー 2018資料請求
採択 非採択 ルーキー
仮採択 別で採択済 長さ違いアリ 非採択 前夜祭